サバゲーではアンブッシュを駆使して敵をせん滅しよう

sponser
https://www.militaryimages.net/

サバゲーでのテクニックにおいて重要なのが自分の身を隠すことです。敵に位置を悟られなければ撃たれることはありません。特に春夏の森林フィールドは木々が惜しげり、身を隠すには最高の季節になります。このような身を隠す行為、戦術は「アンブッシュ(ambush)」と呼ばれます。

sponser

アンブッシュとは?

「アンブッシュ」とは草むらの中や物陰などに身を隠し、敵に見つからないように待ち伏せする行為になります。隠れる場所、方法に特に縛りはありません。建物の後ろなど、とにかく、敵に見つからないように隠れ、敵がくるまで待ち伏せし攻撃する行為のことを言います。

身の隠し方

姿勢は低く保ち、できればうつ伏せになるのがベストです。うつ伏せになれない場合は自分の体を覆うぐらいの草むらや木、障害物の後ろに隠れます。迷彩服を着用している場合は迷彩パータンが活きる地形に身を隠すといいでしょう。スナイパーはギリースーツを着用することでより自然に同化することができます。隠れる時に注意してほしいのは銃口です。上手に隠れても銃口だけ出て見つかることがあります。銃口の形状は異質なので少しでも発見されやすいのです。スナイパーライフルなど銃身が長いものは銃口にもカモフラージュをすることをお薦めします。

アンブッシュの戦い方

忍耐が大事

身を隠すということは動かないことです。動くものは直ぐ目に留まり、発見されやすくなります。動かかすのは目だけにし、敵が来るのを待ちます。静かすぎると逆に不安になって、立ち上がって周囲を見回したり、キョロキョロ動いてしまいがちですが、そこを耐える忍耐が必要です。

ロケーションが大事

待ち伏せをする上で、重要なのはロケーション、位置取りです。どんなに上手く身を隠しても隠れる場所が悪いと意味がありません。隠れる場所はフラッグや拠点付近、敵が通るであろう動線付近になります。敵が来ない場所に隠れても意味がありません。

焦らない

敵が気づかずに近づいてきます。視界に入り、いざ、敵を仕留めようと射撃を行いたくなりますが、そこで焦ってはいけません。待ち伏せの利点は敵に気づかれずに先制攻撃を行えることです。それを最大限に活かすためには、まず、確実に仕留められる距離かどうか、たとえ、有効射程でも確実に当てられる距離であるかどうかを確認しましょう。初弾を外すと敵に気づかれ、反撃を受け、せっかくの待ち伏せが台無しに終わってしまいます。敵も一人だと限りません。多くの敵を一網打尽にするにはなるべき敵を引きつけて攻撃すると有効な打撃を行えます。この時は惜しみない火力を浴びせましょう。

攻撃したら移動する

一度待ち伏せ攻撃を行ったら、隠れる場所の位置を変更しましょう。攻撃を行ったことでそこで待ち伏せされていることが敵に把握され、攻撃される可能性があります。また、次も同じようなルートを通ってくるとは限らず、反撃を受けることが予想されます。また、別ルートから敵が襲ってくる可能性もあります。

アンブッシュが上手くできれば、生存率を上げられ、ヒット数も増やすことができます。今の季節は木々が生い茂り、隠れやすい季節でもあるので、アンブッシュを上手く利用してみてください。

sponser
サバゲーではアンブッシュの戦術を駆使して敵をせん滅しよう
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG