世界No1の迷彩柄はマルチカム?A-TACS?いいえ、PRYM1です。

sponser
世界No1の迷彩柄はマルチカム?A-TACS?いいえ、Prym1
https://www.prym1camo.com/

世界で最も優れた迷彩パターンはなんだろう?アメリカ軍のマルチカム(MultiCam)?イギリス軍のペンコット(Pencot)?ドイツ軍のフレックターン(Flecktarn)?陸上自衛隊の迷彩服3型? 実はこんな問いに答えるべく、迷彩柄のナンバーワンを決めるワールドカップ開催されてたのをご存じだろうか、その名も「Camo World Cup」。

sponser

Camo World Cup 2018

https://www.facebook.com/ufpro/

主催したのはスロベニアに本社を構え法執行機関や軍関係者向けのハイエンドなタクティカルウェアやグッズの設計製造を行うUF PRO社。昨年2018年に開かれたワールドカップではUF PRO社の持つ10万というSNSのフォロワーのアンケートを基に選考された。 16の迷彩がノミネートされ、アメリカのPrym1、イギリス軍のペンコット(Pencot)、ドイツ軍のフレックターン(Flecktarn)、イタリア軍のVegetatoに絞られ、最終的にアメリカのPRYM1がナンバーワンに輝いた。残念ながら陸上自衛隊の迷彩服3型はノミネートすらされていなかった様子。

sponser

ナンバーワン迷彩「PRYM1」

ナンバーワンの迷彩パターンとして選ばれたのがアメリカの「PRYM1」になる。 PRYM1迷彩の概念は、「Stipple効果」と呼ばれる小さな点を使った「点描」とネオ印象派の絵の技法から生まれた新しい迷彩になる。

この投稿をInstagramで見る

Be The Predator #prym1camo #tactical #camo

Prym1 Camoさん(@prym1camo)がシェアした投稿 –

ヒョウの斑点模様は点描に似ており、独特で一見目立ちそうだが、自然の中での豹は木の中にいても地面に伏せていても周囲に溶け込み、獲物に気づかれずに近づくことができる。Prym1は彼ら野生の捕食者の模様に見られる奥行、色、影、濃淡を参考に設計されている。

光の屈折の要素も取り込まれており、光がどのように木々の間、岩肌を通って拡散し、断片化した光が地表や木々を映し出しているのか分析し、木漏れ日、日差し、影、曇りの日といった様々な気象条件での光のコントラストも考慮している。アウトラインを分割したデザインは迷彩効果を際立たせている。

Prym1の戦術的迷彩パターンは、静止中、移動中であろうと、周囲に溶け込み身を隠すことが可能になっている。

sponser

迷彩効果が分かる画像

迷彩効果がわかる画像をいくつか紹介する。あなたはすぐに見破れるだろうか。

日本ではまだ未発売だが、現在ライセンスパートナーを開拓中とのことでPRYM1のBDUが発売される日も近いかもしれない。

公式サイト  https://www.prym1camo.com/

sponser
世界No1の迷彩柄はマルチカム?A-TACS?いいえ、PRYM1
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG