京都府のサバゲーフィールド10選

sponser

世界的な観光地になった京都は年間何千万にもの旅行者が訪れ、京都市内は観光客で人であふれています。そんな古都京都はサバゲーも盛んで、京都市内にもいくつかフィールドがあり、府内にはアウトドア7か所、インドア3か所の10フィールドが運営されています。京都府内にあるサバゲーフィールドを紹介します。

sponser

アウトドアフィールド

ボーダーゾーン‐西京区

西京区にあるフィールド「ボーダーゾーン」。バリケードがひしめき合う市街地CQBフィールドになります。10禁エアガンのレンタルも行っており、毎月10禁エアガン縛りの定例会が開催されています。近くには川が流れており、川遊び、BBQ、キャンプとアウトドアレジャーも満喫できる子供から大人まで楽しめるフィールドになっています。

住所京都府西京区大原野出灰町320-1
Webサイトhttp://www.borderzone.jp/

コンバットゾーン京都‐京丹波町

https://www.combatzone-kyoto.com/

船井郡京丹波町にあるフィールド「コンバットゾーン京都」。市街地エリアメインに山エリアもあるフィールドになります。2階建ての建物に山と高低差あるバトルが楽しめます。セーフティが高台にあり、ヒット後もセーフティからゲームの状況を観察できるのが特徴です。近くには道の駅「味夢の里」があり、サバゲー後の食事、マルシェでお買い物もいかがでしょう。

住所京都府船井郡京丹波町曽根深シノ33
Webサイトhttps://www.combatzone-kyoto.com/

CAMP OHARA(キャンプ大原)‐左京区

http://camp-ohara.com/

京都市左京区にあるフィールド「CAMP OHARA」。高低差ある丘陵にバリケードや廃車を砦を配置し、周囲にはブッシュが茂る自然と人工物が融合したフィールドになります。京都市街からのアクセスも良く国際会館駅、出町柳駅から近くまでバスがあります。車で行く際は近くの三千院道駐車場に駐車し、そこからトラックでのピストン輸送になります。昼食のカレーが評判です。

住所京都府京都市左京区大原来迎院町218
Webサイトhttp://camp-ohara.com/
 

Field9(フィールドナイン)‐南丹市

https://field9.amebaownd.com/

南丹市にあるフィールド「Field9」。広さ約15,000㎡の起伏のある山岳フィールドになります。人工物の障害物は少なく、岩や塹壕、高低差といった自然を利用するといった迷彩がいき、索敵が重要になる本格的なサバイバルが楽しめるフィールドなります。定例会参加費は男性2000円、女性1000円とお得になっています。

住所京都府南丹市八木町玉の井 大鳥羽冒険の森内
Webサイトhttps://field9.amebaownd.com/

S.G.F CONTACT‐舞鶴市

http://www.sgf-contact.com/

舞鶴市にあるフィールド「S.G.F CONTACT」。市街地タイプのフィールドになり、見通しも良いため中長距離での撃ち合いも必死になる。広さはコンパクトになり、定員は30名になります。 舞鶴線真倉駅から徒歩6分になります。

住所京都府舞鶴市真倉311-12
Webサイトhttp://www.sgf-contact.com/

IDE‐井出町

http://sgfide0611.militaryblog.jp/

綴喜郡井手町にあるフィールド「IDE」。高低差の少ない草原にバリケードが設置され、夏はブッシュが生い茂り、秋冬は見通しいがより長距離レンジのフィールドになります。塹壕、2階建ての櫓が配置されています。

住所京都府綴喜郡井手町大字井手小字駒留山10-1
Webサイトhttp://sgfide0611.militaryblog.jp/

京都エリアハイランド‐右京区

京都市右京区にあるフィールド「京都エリアハイランド」。針葉樹がきれいな広大な森林フィールドになります。山や谷もあり、リアルな戦場感を感じられるフィールドになっています。

住所京都府京都市右京区京北栃本町西町22
Webサイトhttp://areahighland.militaryblog.jp/

インドアフィールド

NEST(ネスト)‐京丹波町

京丹波町にあるフィールド「NEST」。工場跡地を利用した最大66名を収容可能な関西最大級のインドアフィールドになります。2階建てになり、1階と2階で撃ち合うエリアもあります。フィールドはCQBタイプで暗いため、緊張感あるバトルが楽しめます。セーフティにはエアコン、そして、フィールド内に設置されたカメラからのライブ映像が楽しめるので、早々にヒットしても快適に過ごせます。

住所京都府船井郡京丹波町下山クラベシ−44-5
Webサイトhttp://nest-kyoto.jp/

セクター5‐上京区

京都市左京区にあるフィールド「セクター5」。二条城の近くにあるビルの地下にあるインドアフィールド。広さは450㎡と約テニスコート2面分の広さになります。 BGM・照明・スモークを使用した演出により雰囲気も抜群です。観光地も近い土地柄、外国人の利用も多いようです。山陰本線二条城駅から徒歩12分とアクセスも抜群です。

住所京都府京都市上京区小山町889-3
Webサイトhttp://sector5-kyoto.jimdo.com/

apex-field(エイペックスフィールド)‐亀岡市

亀岡市にあるフィールド「apex-field」。広さは1000㎡と関西でも最大級の広さを誇るインドアフィールドになります。こちらはセーフティのみならずフィールドもエアコンが効いており夏でも収支快適にサバゲーが楽します。他にも設備の充実ぶりは評判なので初心者におすすめです。フィールドオリジナルの「畜光弾」を販売しています。 嵯峨野線並河駅から徒歩7分にあります。

住所京都府亀岡市⼤井町⼩⾦岐4-1 エイペックステックセンター2階
Webサイトhttp://www.apex-field.net/

外国人観光客の多い京都であれば日本発祥のサバゲーを体験できるサバゲーツアーなどあるとおもしろいと思うんですけどね。

sponser
京都府のサバゲーフィールド10選
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG