全米オープンでテニスラケットをライフルのように構えて罰金

sponser
テニス ライフル

サバゲーをやっているとついつい、傘やホウキをライフルのように構えてしまう人も多いはず。しかし、気を付けて時と場所によってはそれが大きな問題を起こしてしまうことも。

sponser

全米オープンで起こった事件

アメリカ・ニューヨークで開催されている全米オープン( 8月26日~9月8日 )でマイク・ブライアン選手(アメリカ)に対し、ひょんな理由から1万ドル(約106万円)の罰金が科されたとESPNが報じた。

9月1日の日曜日に行われた男子ダブルス2回戦。アメリカのマイクとボブのブライアン兄弟、スペインのロベルト・カーバレス・バエナとアルゼンチンのフェデリコ・デルボニスの試合第2セットの後半にことは起こった。

デルボニスが放ったロブがベースライン際に落ちると、インのコールがされると、マイクはすかさずチャレンジ(ビデオ判定)を要求。ビデオ判定により、僅か数センチ、ボールがラインアウトしており、チャレンジは成功し、会場のモニターにも映し出させる。するとマイクは持っていたラケットを回し持ってライフルのように構えてラインズマンに向け、主審には指を差し、顔を横に振った。

これに対して、ポルトガル人の主審はスポーツマンらしかぬる行為としてコードバイオレーションを科す。それに対してマイク「私が何をした?やったことを教えてくれ」と尋ねました。それに対し、審判はこう答えた「あなたはラケットをライフルのように構え審判に向けるようなジェスチャーをしました。それは適切だとは思いません。」

この行為により、マイクは1万ドルの罰金が科せられることになり、これは全米オープンとしては過去2番目に高い罰金になる。

マイクはその後の記者団のインタビューで「私たちはポイントを獲得し、ジェスチャーは遊び心からやってしまった。」と述べたが、この試合の前日にはテキサスで7人が亡くなり、22人負傷する銃乱射事件が起きていた。それをふまえマイクは「私が引き起こした可能性のあるすべての犯罪について謝罪する。最近のニュースや政治情勢を考えると、自分のジェスチャーが無責任で配慮に欠けたものだと理解しています。このようなことを二度としないことを約束します。」と声明を出している。

ブライアン兄弟はこの試合を4-6、7-5、6-3で勝ち上がったものの、次の3回戦で敗れている。

sponser

http://www.espn.com/espnw/sports/article/27517203/doubles-star-m-bryan-fined-shooting-gesture

全米オープンでテニスラケットをライフルのように構えて罰金
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG