岐阜県のサバゲー フィールド6選

中部地方で愛知県の上にある岐阜県。世界遺産の白川郷に日本アルプスなどの自然も魅力。そんな岐阜県には自然を活かしたフィールドに、作りこまれた市街地フィールドなど、バリエーションあるサバゲーが楽しめます。今回はそんな岐阜県のサバゲーフィールド6選を紹介します。

sponser

HQ TRAD(HQトラッド)‐ 各務原市

各務原市にあるアウトドアサバゲーフィールド「HQ-TRAD」。以前あったHQ-DESERTがリニューアルし、今年3月2日に市街地フィールドとして新装オープンしました。 複雑な市街地を再現したフィールドは広すぎず、狭すぎず、30vs30を黄金比率とした究極な戦闘を楽しめるフィールドになっています。使用できるBB弾については白系が使えないなど制限があるので、使用BB弾をご確認の上、来場ください。

住所岐阜県各務原市各務東町1-188
Webサイトhttps://hqt.jp/

HQ BUNKER(HQバンカー)‐ 安八郡神戸町

安八郡神戸町にあるインドアサバゲーフィールド「HQ BUNKER」。床面積5000㎡と国内最大規模の広さを誇るインドアになります。フィールドは 掩蔽壕(バンカー)特殊部隊の訓練施設(キルハウス)をテーマにしており、様々シュチュエーションのゲームができ、ロングレンジの撃ち合いはインドアとは思わせません。

住所岐阜県安八郡神戸町神戸2244三洋開発リサイクル工場
Webサイトhttp://bunker.jp/

サバイバルあけの高原‐ 郡上市

郡上市にあるアウトドアサバゲーフィールド「サバイバルあけの高原」 。オフロードコースを併せ持ったフィールドは自然豊かな山岳タイプになります。定例会は行っておらず、貸切のみになります。近くのサバゲーショップが不定期でイベント開いているので、参加したい場合はそちらに問合せといいかもしれません。サイトは更新が止まっているようなので、Facebookページを確認してください。

住所岐阜県郡上市高鷲町鮎立5434
Webサイトhttp://various.ne.jp/survival/
Facebookhttps://www.facebook.com/akenokougen/

しおなみ‐ 加茂郡八百津町

加茂郡八百津町にあるアウトドアサバゲーフィールド「しおなみ」。自然そのままの山岳タイプになります。定例会は開催しておらず貸切のみになります。10名、20名、30名程度まで遊べる3つのフィールドを用意しており、価格は破格のワンコインとなる一人500円。しかし、サバゲーフィールドの運営ではなく、あくまでフィールドの貸し出しをを行う事業になり、ゲーム自体の運営は貸出者に委ねられます。※バイオBB弾の利用、エアガンのパワー規制は勿論必須です。

住所岐阜県加茂郡八百津町潮見1024
Webサイトhttp://www.md.ccnw.ne.jp/survival-game/

ふぁくとりー‐多治見市

http://tfactorys.blog.fc2.com/

多治見市にあるサバゲーフィールド「ふぁくとりー」。工場跡地を利用したインドアとアウトドアの複合フィールドになります。定例会は開催しておらず貸切のみになります。適正人数は10~20人に設定しており、ある人数を越えると人数による追加料金が発生しません。

住所岐阜県多治見市山吹町2丁目135−1
Webサイトhttp://tfactorys.blog.fc2.com/

MULTI WORLD(マルチワールド)‐多治見市

http://multiworld.jp/

多治見市にあるアウトドアサバゲーフィールド「MULTI WORLD」。3万坪の広大な森林フィールドになります。バリケードは少なく自然を活かしたフィールドは斜面や高低差があり本格的なサバイバルが楽しめます。フィールドは3つに区切られ、貸切にも柔軟に対応が可能です。

住所岐阜県多治見市北小木町578-30
Webサイトhttp://multiworld.jp/

まとめ

岐阜県は平地が少ないため、自然系のフィールドは山岳タイプになり自然をそのまま活かしているのが特徴かと思います。HQさんの2つのフィールドは他県のフィールドに負けず劣らずの本格的なフィールドになっており、ぜひ、遠出しても行ってみたいフィールドですね。

sponser
岐阜県のサバゲー フィールド6選
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG