海上自衛隊最大の護衛艦「かが」に乗れるチャンス

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」に乗れるチャンス

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」が7月14、15の土日の両日、福井県の敦賀港の開港120周年の一環で同港に寄港し一般公開される。

sponser

護衛艦「かが」について

「かが」は”いづも型”護衛艦の2番艦になり、1番艦の「いづも」と並び海上自衛隊が有する艦船の中で最大の大きさを誇る 。全長は248m、乗員は520名、最大14機のヘリコプターが搭載可能だ。5月に来日したトランプ大統領が安倍首相と共に乗艦した艦になる。「いずも」の空母化は閣議決定されており、同型艦の「かが」も空母化される予定になっている。

イベント情報

かがは、敦賀港の鞠山南地区の岸壁に接岸する。港から艦を眺めるだけではなく、乗船、甲板に降りることができる。甲板は滑りやすいとのことでサンダルやハイヒールでの乗船はできないので注意してほしい。「かが」という名前は隣の石川県の地名”加賀”に由来しており、北陸との縁ある艦船になる。事前申し込みは不要で乗船は無料になる。2017年に金沢港で公開された際は1日で15,000人が訪れたので今回も混雑が予想される。

公開時間

公開は14日(土)が午後13:00~16:00で最終受付が15:30、15日(日)は午前8:30~13:00で最終受付12:30となっている。甲板が滑りやすいためサンダルやスリッパ、ハイヒールなどでの乗船はできない。乗船には保安検査もあるので持ち物には注意してください。

アクセス

14,15の両日ともにJR敦賀駅から臨時バスが運行される。15日はきらめきみなと館と川崎・松栄岸壁の駐車場2カ所が利用でき、市が無料シャトルバスを運行する。14日は双方の駐車場の利用はできない。

※イベントチラシ
https://www.mod.go.jp/pco/fukui/kaga_0703_ol.pdf

お近くの人はぜひ、訪れてみて下さい。

関連記事

護衛艦いずも空母は攻撃用の艦種と分類され日本は憲法9条の専守防衛の原則のもと終戦後は空母を所有していません。しかし、最近では離島防衛や海外での平和維持活動への自衛隊の参加を目的とした空母保有論などが議論される中、昨年、護衛艦「いず[…]

日本も空母を所有するのか?世界でも8か国しかない空母保有国
sponser
海上自衛隊最大の護衛艦「かが」に乗れるチャンス
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG