犯人は犬!?飼い犬が一緒にいた女性を銃撃!いったい何が?

sponser
https://www.pinterest.jp/

銃事件が頻発するアメリカでは銃乱射事件に子供による発砲など日本では信じられない事件が多発している。銃撃事件が起きても「またか」と思うだけだが、今回の事件は耳を疑った。なんと飼い犬が飼い主と一緒にいた女性を銃で撃ったのだ。犬は思いのほか賢い。人間の動作も真似ることができる。怨恨か? いったい何があったのか?

sponser

犯人はラブラドール・レトリバー

ニューヨークポストなどの現地の報道によると今月の3日にオクラホマ州で事件は起きた。ブレント・パークス (79)が運転する車には助手席にティナ・スプリンガー(44)、そして後部座席には飼い犬のラブラドール・レトリバーのモリーが乗っていた。列車の通過のため、踏切で停車すると運転席と助手席の間に置いていた22口径の拳銃が突然発砲。弾丸はティナの左太もも大腿に当たり、おびただしい出血をする。急いでブレントは「911」に電話を行い、救助を願う。銃で撃たれたという通報にオペレーターはもちろん犯人を尋ねる。

911「彼女が自分で撃ったの?」
ブレント「いや違う」
911「誰が撃ったの?」
ブレント「犬だ。犬が銃を踏んで発砲した。」
911「犬が彼女を撃った?」
ブレンド「そうだ」

モリーはまだ生後7ヵ月と幼く、急に現れた列車に驚き、思わず座席の間に飛び込んでしまった。そこには布に覆われた装填済みの銃が置いてあり、モリーの衝撃で銃が発砲されたのだ。

その後ティナは病院に運ばれ一命は取り留めた。その後の警察の捜査で事件性はないと結論づけられた。警察も「犬が人を撃ったというのは初めて聞いた」と述べた。人間であれば過失致傷に問われかねないがモリーは何も罪には問われないようだ。装填した銃をそんなにところに置いておいたブレントには過失がありそうだが……

sponser

https://www.enidnews.com/oklahoma/news/woman-apparently-shot-by-dog/article_57c2ce50-940c-52d8-b513-0a49d75c2933.html

犯人は犬!?飼い犬が一緒にいた女性を銃撃!いったい何が?
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG