近接戦闘に特化した射撃スタイルCAR Systemとは

ジョン・ウィック(字幕版)

C.A.Rシステムとは Sabre Tacticalという軍事コンサルティング会社のポール・キャッスル氏が発案した近接戦闘(CQB) 向けの射撃スタイルになり、CARは”Center Axis Relock”の略になり「中心軸の再ロック」という意味になります。最近では映画『ジョン・ウィック』のガンアクションにも取り入れられており、法執行機関でも使われる射撃システムになります。

sponser

CARシステムの構え方

ハンドガンの射撃スタイルというと足を大きく広げたオープンスタンスで、両手で銃を構えて腕を真っすぐ伸ばして腕で三角形をつくる「二等辺三角形スタイル」が基本です。このスタイルは広い場所や敵との距離がある程度ある場合ならよいですが、狭い室内や入り組んだ場所ではできません。また、敵との距離が近い近接戦闘の場合、腕を伸ばすと銃を取られたり、腕に攻撃を受ける可能性があります。ハンドガンによる銃撃戦は大抵2~3mと近距離のケースが多くなります。

CARシステムは近距離の戦闘下で武器の保持力と機動性を最大限に高め、素早く照準を定めるスタイルになります。

基本姿勢

相手に対して体の中心を垂直に向けて銃を持た無い方の肩を前にします。この姿勢により露出する面が少なり、あなたはターゲットとして小さくなります。

High

CARシステムには4つの姿勢があります。その中のHighExtendが基本姿勢になります。Highというと高い位置に構えることを想像しますが、体に中心、胸の前あたりに銃を構えます。これによりあなたの視界は開け、体に密着しており銃を奪われることはありません。銃口は肩の向きに連動し、敵を発見時はそのまま射撃します。この姿勢のもう一つの利点は逆側に敵が現れた時に構えなおすことなく、銃を逆の手に持ち替えることで即座に反撃できることです。

正確な射撃というよりは、より即応性に優れた射撃スタイルになります。

Extend

基本姿勢の2つ目は「Extend」です。”伸ばす”という意味になり、Highと違って若干腕を伸ばして、顔の前に構えます。できるだけ顔の近くにし、銃口と目線を一致させます。Highは肩ですがExtendは目と顔の向きが照準です。近すぎてブローバック時にスライドが当たらないように気を付けてください。Highと比べると精度も高く様々な状況に対応できるスタイルです。これはハンドガンだけではなく、サブマシンなど他の銃に応用できるスタイルです。

サバゲーでも使える射撃スタイルになるので、是非、チャレンジしてみてください。

関連記事

[adcode]あなたはハンドガンを撃つとき、リアサイトとフロントサイトを活用して照準を定めていますか? この2つのサイトを利用した射撃テクニックを「サイト・ピクチャー( Sight Picture)」といいます。そして、[…]

ハンドガンの素早い狙い方「フラッシュサイトピクチャー」を身に付けよう
sponser
近接戦闘に特化した射撃スタイルCAR Systemとは
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG