CATEGORY

銃・ライフル

  • 2020-11-12
  • 2021-02-12

MP155 ULTIMA|スマホと連携するショットガン

ロシアを代表する銃メーカーであるカラシニコフ社が2020年9月に発表したMP-155 ULTIMA(ウルティマ)ショットガンは未来の銃のベースになる画期的な銃に […]

  • 2020-11-09
  • 2020-11-14

K12|韓国軍の新しい汎用機関銃

K12は大韓民国軍が1950年代から使用してきたM60機関銃を置き換える新しい汎用機関銃で、歩兵部隊の分隊支援火器、車載・ヘリの搭載火器として今後数年にかけて配 […]

  • 2020-11-09
  • 2020-11-12

Stg44は世界最初のアサルトライフルです

AK-47、M16・M4は今の世界のアサルトライフルのベースになっている銃ですが、これに大きな影響を与えた銃があります。世界で初めて実用化されたアサルトライフル […]

  • 2020-11-06
  • 2020-11-06

スペイン陸軍がグロックG43を採用

スペインメディアのDefensa.comの11月5日の報道によるとスペイン陸軍はオーストリアのグロック社が開発製造するGlock G43 9×19mm拳銃を採用 […]

  • 2020-10-30
  • 2020-10-30

DVL-10|サイレントな軽量狙撃銃

ソ連・ロシアでは昔からAS VALやVKSなど特殊作戦向けにサプレッサーを内蔵したライフルを開発してきた。DVL-10はその系譜を継ぎ2014年に登場したボルト […]

  • 2020-10-23
  • 2021-03-04

HK416F|FA-MASに代わるフランス軍の新小銃

フランス軍の主力小銃は約40年に渡りFAMAS(ファマス)が担ってきた。FAMAS=フランスというほどイメージは強い。フランスに行けば、FAMASを持つ兵士を空 […]

  • 2020-09-20
  • 2020-09-24

ウクライナの対物ライフル専門メーカーSnipex

各国の軍はより強力で長距離射程を求め、対物ライフル式のスナイパーライフルの開発・採用を進めています。実際、今の世界の長距離射撃の記録上位は対物ライフルによるもの […]

  • 2020-09-04
  • 2020-09-05

SFP9|自衛隊の新拳銃

SFP9自動拳銃は2019年12月に防衛相によって採用され2020年5月にお披露目された自衛隊の新拳銃。2020年(令和2年)より配備が予定されている。 SFP […]

  • 2020-09-01
  • 2020-09-01

カラシニコフがRPL-20軽機関銃を発表

ロシアの銃器メーカーのカラシニコフは先日までモスクワ近郊で開催されていた展示会「Army-2020」において、RPL-20と呼ばれる5.45 x 39mm軽機関 […]

  • 2020-08-29
  • 2020-08-30

AM-17はAKS-74Uに取って代わるライフルです

2017年に登場したAM-17は、これまでロシア連邦軍やロシア警察が使ってきたAKS-74Uに取って代わる小銃とされています。 ドラグノフMAの系譜を継ぐ小型小 […]

  • 2020-08-10
  • 2021-06-30

APS 水中銃|世界初の水中ライフル

APS水中銃はソビエト連邦が水中から忍び寄る潜水特殊部隊に対抗するために1970年代に開発した特殊作戦用水中銃であり、世界初の水中ライフルだ。APS水中銃につい […]

  • 2020-08-03
  • 2020-08-03

CAAの新しいGlock用ストックRobostock

CAAイスラエルはGlock(グロック)の第3、第4、第5世代に使える新しい拳銃用ストック「Robostock(ロボストック)」を発表しました。 ワンアクション […]

  • 2020-07-26
  • 2020-07-26

動く標的も捉えるDARPAの誘導ライフル弾EXACTO

戦場での狙撃兵の役割は増しており、より精度と威力が高く、射程の長いライフルと弾丸が求められている。それに応じて射撃距離は2㎞、3㎞と伸びた。しかし、距離が伸びる […]