PCCとは?人気の実銃とエアガン

sponser
facebook.com/pg/hecklerandkoch

PCCとは”Pistol Caliber Carbine”の略になる。いわゆる拳銃口径をもったカービンライフルといったところだろうか。拳銃口径なので使用する弾丸は9㎜パラベラム弾や.40S&W弾、.45ACP弾など拳銃用弾丸を使用するので威力は拳銃と同等になる。またカービンとあるように銃身は拳銃よりも長くライフルよりは短いのが基本だが、最近ではカービンとはいえない長さのPCCも出てきている。昨今の銃乱射でライフルに対する規制が強まる中、拳銃弾を使用するPCCは米国でも人気が出てきており、銃メーカー各社が既存のライフルのPCCモデルを発売している。

sponser

ライフルとPCC

威力や射程についてはライフル弾を使用するAR-15系の方が優れている。PCCの優れた点は取り回しの良さでライフルと比べて短く、拳銃弾を使用するため射撃時の反動が小さく、更に軽量でマガジンも小さく、持ち運びも楽な点になる。屋内での狭い場所であれば十分な威力を発揮し、ライフルと比べ威力の弱い拳銃弾は貫通による二次被害を軽減する。そのため自衛用のホームディフェンスガンや法執行機関などが採用している。

ピストルとPCC

ピストルと比較した場合はPCCのメリットは射撃の安定性になる。ストックが付いており基本、肩に当てて射撃を行うので正確な射撃が可能なる。ピストルの場合、15mの距離から精度が下がるが、PCCであれば50mでも正確な射撃が可能になる。ピストルよりも大きく重いPCCは射撃時の反動も小さい。装弾数においてもピストル15発程度のところ、PCCは倍の30発を装弾できる。

SMGとPCCの違い

サブマシンガン(SMG)もPCCと同様に拳銃弾を使用する。PCCとの違いはマシンガンとあるようにフルオートが可能な全自動銃になる点だ。米国では一般人が全自動銃は持てない。その点、PCCは半自動銃(セミ)になる。そのため、SMGの民生版としてPCCを出すメーカーも多い。軍用、法執行機関向けはセミ、フルオートの切り替えが可能になる。

人気のPCC

Beretta CX4-Storm

イタリアの銃器メーカー「ベレッタ」社のPCC。ベレッタといえば米軍も採用するベレッタ92(M9)になり世界で最も売れたピストルの一つになる。CX4-Stormはそのベレッタ92のマガジンと互換性がある。

Ruger PC Carbine

アメリカの銃器メーカー「Ruger」社のPCC。自社のSecurity-9といったピストルのマガジンと互換性があるが、交換可能なマガジンウェルを備えており、Glockのマガジンを使用することもできる。

Chiappa RAK-9

イタリアのChiappa社のPCC。クラシックなAKシリーズのスタイルを踏襲したデザインになり、レールシステムが無いなど機能性は高くないがファンが多いPCCになる。

SIG MPX

SIG SAUER社のPCCになり、映画『ジョン・ウィック』にも登場した銃になる。警察特殊部隊にも採用されている銃になる。

関連記事

[adcode]『ジョン・ウィック3:パラベラム』が10月4日から日本公開されました。公開前には主演のキアヌ・リーブスもプロモーションのために来日し、様々なイベントが行われ大いに盛り上がりました。それに応じて映画も好発進し[…]

ジョン・ウィックが劇中で使う銃「SIG MPX PCC」は新世代のPCC・SMG

H&K USC 45

ドイツのヘッケラー&コッホ(H&K)社のPCC。同社のUMPサブマシンガンをベースに開発しており、45ACP弾を使用する。専用マガジンの装弾数は25発になる。

CZ Scorpion EVO3 S1 Carbine

チェコのCZ社のPCC。同社のスコーピオンEVO3をベースに開発しており、折りたたみ式ストックを特徴とし、SilencerCo社製の会社のために作られたフェイクのサプレッサーで覆われた16.2インチバレルを備えている。

PCCエアガン

エアガンにおいてもPCCは人気になり、ここ数年各社から出ている。軽く取り回し良いため、インドアユーザーや女性ユーザーからの人気が高いエアガンになる。

KRISS Vector

KRYTAC電動ガン本体 KRISS VECTOR GEN.2 BK(ブラック) (本体単品)

KRISS Vectorを出すKrytac社は実銃メーカーKRISSグループのエアガン部門になる。そのユニークな形状は実銃もエアガンも絶大なる人気を誇っている。実銃メーカーが出すエアガンという事もあり、外装、剛性の評判は高い。

ARP9

G&G ARP 9 ブラック EGC-ARP-9MM-BNB-NCS 電動ガン

台湾のエアガンメーカーG&Gから出ているPCCになる。M4をベースにG&Gを独自にデザインした銃になり、エアガンのPCCの先駆けとして人気が高い。カラーバリエーションが豊富で、金属部分のカラーをドレスアップパーツが出ており、黒とカーキの単色が多いエアガンの中で、アクセントが加えられるエアガンになる。

PCC9

G&G PCC9 電動ガン EGC-PCC-9MM-NCM PCC9

同じくG&Gから出ているPCCになり、ARP9の派生モデルになる。

ストラック TEG コンパクト

KSC ストラック TEG 電動ガン

日本のエアガンメーカーKSCから出ているPCC。こちらもオリジナルデザインのエアガンになる。PPCタイプでは珍しい撃った時の反動があるリコイルショック付きの電動ガンになっている。

関連記事

リコイル・ショックのERGシリーズ、発射速度を微調整できるTEGシリーズといった電動ガンを発売するKSCに新しくストラックシリーズがラインナップされ、第一弾として「 ストラック TEG コンパクト 」が7月30[…]

KSCの新型電動ガン「ストラック」が7月30日に発売
sponser

https://www.ammoland.com/2019/08/6-reasons-a-pistol-caliber-carbine-makes-sense/#axzz65WRP6Bf1

PCCとは?人気の実銃とエアガン
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG