動きながら撃つ射撃テクニック!Shooting on the Move!

sponser
動きながら撃つ射撃テクニック!Shooting on the Move!

サバゲーでの射撃練習は大抵、シューティングエリアで練習することが多いですよね?この時、あなたは静止した状態で撃っていると思います。いざ、ゲーム始まっても撃つときは体は静止していませんか?安定した射撃を行うにはもちろん静止した状態がベストですが、動きながら正確に撃てる射撃スキルを身につければあなたはよりレベルアップできます。

sponser

Shooting on the Move

映画に出てくる特殊部隊員が銃を構えながら移動して射撃するシーンをよく見ませんか?サバゲーでも気にかけて見てみると、そのような動きをしている人がいると思います。これは「Shooting on the Move」または「RUNING and GUNNING」と呼ばれる高度な射撃テクニックです。この移動しながらの射撃スキルを身に付ければ、防御、攻撃においてあなたは飛躍的にレベルアップできるでしょう。

攻撃において

動きながらの射撃を行う時は標的に向かっていくか、離れていく時です。標的に向かうというのは、つまり攻撃の時です。敵に向かって行くので、いつ敵が現れるか分からないので移動時は基本、射撃姿勢は保ったままです。いざ、敵を発見した時に、静止して射撃するのは好ましくありません。静止すれば格好の標的です。あなたは撃ちながら前に進むか、身を隠せる場所まで移動します。移動し続けることにより弾は当たりにくくなります。そして、大事なことは敵に撃たせないことです。撃ち続けることで敵は反撃しずらくなります。かつ、向かってくる相手に敵はたじろぎ身を隠します。この間に間合いを詰め、攻撃します。私は一騎打ちになった際はよくこの方法を使います。

関連記事

レディポジションは射撃準備姿勢という意味になり、銃を構え射撃に入る前の準備・移動姿勢になります。このレディポジションには コンバット・ロウ・ハイの3つの基本姿勢があります。この3つのレディポジションについて紹介します。コンバットレ[…]

レディポジション

防御において

防御といってもこの場合、後方に下がる・撤退する場合です。明らかに劣勢だったり、場所が悪い場合は安全な所まで下がることが必要です。この時、敵に背を向けて逃げる人が多くいますが、これはあまりお勧めはしません。背後を撃たれます。下がる時は敵を見つつ撃ちながら下がるか、身を隠せる場所まで移動しましょう。撃ち続けながら下がることで敵も容易に追撃ができません。

射撃時の動き方のコツ

コーヒーを持ち歩くイメージ

移動しながら射撃する時に一番注意する点は腰、骨盤の位置を保ち上下運動を最小限に抑えることです。これにより、安定した水平射撃ができます。そして、膝を曲げ、衝撃を吸収します。 膝を曲げるだけではなく、踏み出すたびに膝で衝撃を吸収することを意識してください。コーヒーを持ち歩くときこぼさないように歩きますよね?歩き方のイメージとしてあれはです。ただあれよりは高速に歩いても問題ありません。

蟹歩きはしない

横移動する時にカニ歩きのような横歩きはしないでください。カニ歩きは普通に歩くよりも上下運動が大きくなってしまいます。横に移動する際は進行方向に足を向けて歩き上体を標的に向けて捻じります。戦車の砲塔のようなイメージです。

走りながら撃つのはNG

よく走りながら撃つ人を見かげますが、まず、走りながらでは狙う事はできないので完全な無駄弾です。移動しながらの射撃はスピードが速ければ早いほど正確な射撃は困難です。走ると人の体は激しい上下運動をお越し、その状態で撃てばあらぬ方向に飛んだり、転倒する危険もあるので止めましょう。

移動しながらの射撃を身に着けるには何度も練習するしかありません。しかし、シューティングレンジではこの練習はできません。一番はゲームの中で試すことです。最初は上手くいかなくても何度もチャレンジすれば自ずと身についてきます。

sponser
sponser
動きながら撃つ射撃テクニック!Shooting on the Move!
フォローして最新情報をチェックしよう!
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG