Flecktarn(フレックターン)|ドイツ連邦軍の迷彩は自衛隊も参考に

sponser
pinterest

世界の迷彩パターンの第7弾はドイツで生まれのヨーロッパを代表する迷彩パターンFlecktarn(フレックターン)について紹介します。

他の世界の迷彩をみる

sponser

Flecktarnとは

ドイツのMarquardt&Schulz(M&S)社が1976年にデザイン・設計した迷彩パターンになります。Flecktarnという単語は、ドイツ語のFleck(スポット、しみ、パッチ、またはパターン)とTarnung(カモフラージュ)が組み合わさって作られた複合語になります。
それまでのオリーブグレーのモールスキンに代わる新しい戦闘服として M&Sはいくつかのパターンを作成し、西ドイツ連邦軍がテストしました。テストは思いのほか長く続き、1980年代の間には決まらずモールスキンを着用続けます。最終的に「フレックターンB」という名前のパターンを選択され、1990年に東西ドイツが統一された時にようやく導入が開始されます。ドイツの陸海空軍が戦闘服の迷彩として採用したのを始め、デンマークやポーランド、オーストリアなどドイツと地形環境が近い隣国の軍も採用します。日本の自衛隊迷彩の二型はフレックターンをベースに日本向けに改良したといわれています。またコピー品も出回り、ヨーロッパ以外の広い地域で採用されています。

Flecktarn迷彩の特徴

フレックターンのカラーは3~6色からなり、基本は5色のパターンなります。濃緑と薄緑に緑、黒、赤茶色または茶色、カーキで構成されます。フレックターンの特徴的なむらのある配置は、人間の目にディザリング(ノイズ)効果を生み出します。これは、ピクセルなどのデジタル迷彩パターンと同じような異なる色の間の境界を取り除く効果を生み出し輪郭をぼやかします。フレックターンの基本パターンはヨーロッパの温帯森林地帯に適した設計になっており、北米や日本といった北東アジアの森林地帯にも適した迷彩といえます。フレックターンには2つの主要な迷彩パターンがあります。通常の迷彩は、ドイツの森林に完璧にブレンドされ、2004年に設計されたトロペンタン(トロピカルカモフラージュ)バージョンは、主に中東に任務する部隊向けに作られ、砂漠など乾燥した地域の環境に適しています。 他の国々も自分たちの地形に合わせて独自の改良を行っています。

次ページ CONCAMOの迷彩パターン

Flecktarn(フレックターン)|ドイツ連邦軍の迷彩は日本の環境にも合う
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG