東京マルイ次世代電動ガンAKS47が4月19日に発売

昨年11月の「東京マルイフェスティバル 5」 で発表されていた次世代電動ガン「AKS47」が4月19日に発売されることが先日、公式ホームページ上に発表された。

東京マルイ

フォールディング・ストックを持つ、特殊部隊仕様のAK47。AKS47 - 次世代電動ガン…

sponser

AKS47について

ご存知、カラシニコフ自動小銃ことAK47のバリュエーションモデルの1つになり、銃床(ストック)を折りたたみ式にした、携帯性を高めたモデル。Sは「Skladnoy」の略になりロシア語で「折りたたみ(складной)」という意味になる。レシーバーを中心に下に折りたたむ方式なるが、折りたたん状態だと銃側面のセレクターレバーを操作しづらいなどの欠点がある。 折りたたみ以外の構造は通常のAK47と同じである。主にロシアの特殊部隊や国境警備隊などに配備された。

sponser

東京マルイ次世代電動ガン AKS47

次世代電動ガンAKS47が
出典元: https://www.tokyo-marui.co.jp/products/electric/nextgeneration/463
全長643 mm / 888 mm(ストック展開時)
銃身長(バレル)300 mm
重量3,300 g(空マガジン、バッテリー含む)
装弾数90発
パワーソース8.4Vニッケル水素1300mAhミニSバッテリー
発売日2019年4月19日

既に発売されている次世代電動ガンのAK47全長875mm銃身長300mm重量3155gになるので、スペックは同等と推測されます。実際に昨年の東京マルイフェスティバルで手に持ちましたが、金属パーツも多く、剛性は実感できました。プロトタイプだったので、ストックの折りたたみができなかったのですが、折り畳んで運用すれば、かなり取り回しは良いはず。エアガンではあれば実銃のセレクターレバーを操作しづらい欠点は関係ありません。

東京マルイ次世代電動ガンのAKシリーズでは3つの製品が販売されています。AK47とAK74 でマガジンの互換性がないので、双方で運用する際は気を付けてください。

次世代電動ガン AK47

次世代電動ガン AKS74U

次世代電動ガン AKS74N
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG