強くて美しいイスラエルの女性兵士の兵役事情

sponser

イスラエルという国をご存知ですか?第二次世界大戦で迫害されたユダヤ人によって1948年に独立した国です。 中東に位置しながらヨーロッパに属し、 宗教や歴史、地理的要因から5度の大規模な戦争を経験しています。今でもパレスチナとの紛争や、多くの中東諸国から敵対視され、常に緊張状態が続く国です。
そのような、事情もありイスラエルには徴兵制度があり、18歳から兵役が科せられます。兵役がある国は少ないですがイスラエルは稀なのは女性にも兵役義務があることです。

sponser

イスラエルの女性兵役

イスラエルの兵役は男女ともに科せられ、男性は3年間、女性は2年間兵役に従事します。実際にイスラエルを訪れたことがありますが街中では男性と変わらない格好をした多くの女性兵士を目にします。街中でもその手には手には小銃を持っているのですが、話したら全然兵士っぽくなく、普通の女の子だったのを覚えています。
そんなイスラエルの女性兵士を写真を交え紹介します。

支給される装備は男女で違いはなく、女性にも男性装備と変わらない重量3㎏以上のM16,M4Carbin,Tavorなどのアサルトライフルが支給されます。

訓練においても同様です。男性同様の基礎訓練に戦闘訓練、ゲリラ演習などこなします。女性もきちんと戦力として考えられています。

しかし、基本的に前線で戦うのは男性になり、女性は前線から離れた後方勤務が主になります。私は実際にヨルダン国境からイスラエルに入りましたが、入国管理のスタッフの多くは彼ら軍人で、その多くは女性兵士でした。入国の際に若い女性兵士に質問攻めにされたのを覚えています。

そんな中でもイスラエル国防軍のエジプト国境を守る南部軍のカラカル大隊は編制の7割が女性が占めています。今でこそ、エジプトと戦火を交えることはありませんが、エジプトは中東戦争で争った相手になります。

しかし、そんな彼女たちも若い年頃の女性です。任務を離れ、集まればこんなおちゃめな一面を見せてくれます。

背負っているのはおそらく対戦車ミサイルのジャベリンです。ゆうに20㎏は超えるはずですが、なんか楽しそうですね。

イスラエルは美人が多いことも有名な国です。基本、国民皆兵になるので、美しすぎる女性兵士が多いことでも有名です。

怖いイメージのMP(憲兵)にも、こんなチャーミングなMPさんがいるんです。素直に応じてしまいそう。

国民皆兵とは言いましたが、一応兵役義務は宗教で縛りがあり、対象になるのは国民の大半を占めるイスラエル在住のユダヤ人(ユダヤ教徒)と、イスラム教ドゥルーズ派の教徒になります。キリスト教徒とイスラム教徒に義務はありません。対象者にも兵役を拒否する権利(良心的兵役拒否)はありますが、実際に許可が下りることは稀で、それでも拒否した場合は禁固1~4週間が課せられます。

兵士といえでもこのように集まると学生のように見えますね。部活っぽくて楽しいそうな写真です。

軍服さえ着てはいるものの写真では本当普通の女子ですね。

重機関銃を構えながらこんな笑顔の女性はなかなかいません。

こうやってみると勤務中でも写真取れて、インスタにも投稿できて、なんだか楽しそうに見えますね。ですが、休暇でも武器は携帯しなければならず、もちろん有事になれば戦場に駆り出されます。2012年9月にはテロリストと銃撃戦になり、女性兵士が爆発物を見つけたテロリストを射殺しています。
そんな彼女たちの笑顔の裏には危険と隣り合わせの世界があります。

フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG