アメリカン・スナイパー|伝説、悪魔といわれたスナイパー|戦争映画レビュー

sponser
アメリカンスナイパー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

今回、紹介する映画は2015年に公開された戦争映画『アメリカン・スナイパー』。原作はイラク戦争に4度従軍したクリス・カイルの自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』の伝記映画になります。監督は『硫黄島からの手紙』『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドが手掛け、主演は『ハング・オーバー』シリーズのブラッドリー・クーパー

sponser

作品概要・あらすじ

アメリカンスナイパー
© Warner Bros. Entertainment Inc.
ムスタファ

クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はテキサス州に生まれ。アメリカ大使館爆破事件をきっかけに海軍へ志願する。厳しい訓練を突破して特殊部隊シールズに配属される。私生活でも恋人タヤ(シエナ・ミラー)幸せな生活を送るカイルであったが、アメリカ同時多発テロ事件を契機に戦争が始まり、タヤとの結婚式の場でイラクへの派遣命令がくだる。
イラク戦争ではスナイパーとして目まぐるし戦果を残すカイルはいつしか、仲間からは「伝説」「英雄」と称賛され、敵からは「悪魔」と呼ばれ懸賞金もかけられる。敵のNo2「虐殺者」呼ばれるアルカイダの副司令官を追う中で、敵スナイパー「ムスタファ」と遭遇する。彼は仲間を守るために戦い死闘を繰り広げるが、また1人また一人を仲間を失っていく。
一方、クリスの無事を願いクリスとの平穏な生活を願い続けるタヤ。それでもカイルは戦場に向かい過酷なイラク遠征は4回。度重なる戦地への遠征にカイルの心は蝕ばれPTSDに陥っていた。そして、カイルは除隊することを決める。
帰国したカイルはPTSDに苦しむが、同様に苦しむ傷痍軍人との交流をきっかけに、少しずつ心の安らぎを取り戻していくのだが悲劇が突然訪れる。

アメリカン・スナイパー
ストーリー   : 4.5
戦闘・アクション: 3.5
作品名アメリカン・スナイパー
原題American Sniper
公開日2015年2月   
監督クリント・イーストウッド

ストーリー レビュー

アメリカンスナイパー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

カイルはアメリカ軍内、国民にとってイラク戦争の英雄であった。しかし、劇中を見ているとカイルが英雄、伝説といわれることに対し嫌悪感を感じていることが分かります。彼は国のため、仲間を守るために戦ったわけで、決して英雄になりたいわけではなかった。劇中のなかで子供と女性を射殺するシーンがあります。実は自分の著作の中で子供の射殺は伏せてあったのですが、映画化するにあたり、カイルは告白しました。これはカイルを決して英雄視することなく、戦争での葛藤と苦しむ一人の兵を描いた映画です。
クリントイーストウッドは反戦派といわれています。しかし、カイルを貶めたり、卑下するわけではもなく、かといって過度に彼を賛美して英雄にまつり建てるわけでもない。カイルを通して絶妙なバランスで戦争に苦しむアメリカ兵を描いていると感じます。

sponser

戦闘・アクション レビュー

アメリカンスナイパー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

スナイパーに焦点あてた映画なので、劇中ではスコープ越しの緊迫感ある戦闘シーンが多くあります。スナイピングの戦闘シーンで気になったのが観測主がいなかったことです。現代では通常スナイパーは、標的や距離を伝えるスポッター(観測主)とのツーマンセルが基本ですが、カイルの狙撃はスポッター無しで一人で行っています(護衛役の海兵隊1人がついています)。これはカイルが不要といったのでしょうか。またスナイピングの時はメットを外すんですよね。これは射撃時の干渉を防ぐためかと思ったら、実は単純に重いからだそうです。こういった細かい部分をはじめシールズの装備がいろいろ参考になるのも見どころの1つかと思います。カイルのプライマリーウェポンはスナイパーライフルのマクミランTAC-338or300、アサルトライフルはMk18 MOD 0 になります。スナイピングの時には基本的には二丁持ちですね。

アメリカンスナイパー
© Warner Bros. Entertainment Inc.

Mk18についてはウェスタンアームズからアメリカンスナイパーモデルが販売されています。

ウエスタンアームズ「【コルト】M4A1《アメリカン・スナイパー》S-ver.」の詳細情報です。…

最後に

カイルは最後にPTSDを患う元兵士に射殺されてしまうのですが、実はこの映画の初期の脚本の中にカイルが亡くなるストーリーはありませんでした。何故ならは彼は映画の脚本作成中に殺されたからです。彼は脚本の作成にも関わっていました。この映画、カイルが殺されていなかったら、どういうエンディングになっていたのでしょうか。エンドロールの演出からもいろんな思いが伝わってきます。

sponser
アメリカンスナイパー
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG