ネイビーシールズで仲間割れ、軍法会議でどんでん返し

裁判所

アメリカで米海軍特殊部隊ネイビーシールズ(NAVY SEALs)の作戦部隊を率いていたエドワード・ギャラガー(Edward Gallagher)容疑者に対する軍法会議が17日から開かれている。彼の容疑はがイラクにてイスラム過激派組織「イスラム国(ISIS)」の少年兵だった捕虜を殺害した罪に問われている。捕虜の保護はジュネーブ条約で定めらており、ギャラガー隊長の行為は戦争犯罪にあたる。

sponser

事件概要

ナイフ
Photo by Thanh Tran on Unsplash

2017年5月、イラクのモスル近郊でスコット衛生兵(一等兵層)が少年兵の応急処置を行っていた。鎮静剤や緊急呼吸器官の処置を行い、ギャラガー隊長はそれを手伝っていた。しかし、隊長は何の説明も無しにナイフを取り出し、少年の首を刺し命を奪った。さらに他の隊員の証言では、隊長は捕虜を2,3回刺し、さらに記念写真を撮影し“Got him with my hunting knife.(私の狩猟ナイフで彼を手に入れた)“のメッセージと共に少年兵の髪を掴んだ写真をメールで仲間に送信したとされている。戦争犯罪におけるギャラガーに対する罪状は、捕虜の計画的殺人である。ギャラガー容疑を否定し、無罪を主張している。
さらに、小隊がイラクに配備されている間に、ギャラガー隊長は白髪のひげの老人と花柄のヒジャーブを少女を狙って、狙撃ライフルを繰り返し発砲するのを目撃したと3人のシールズ隊員が証言している。これらの無差別射撃も、戦争犯罪裁判の容疑の中に含まれており、これについても訴追される可能性がある。ギャラガーはこれについても否定している。

sponser

衛生兵が隊長の容疑を否定

20日の軍法会議では現場にいたスコット衛生兵が証人として証言した。しかし、急転、ギャラガー隊長の容疑を否定し、少年兵の呼吸を助けるチューブを親指で押さえ付け自分が殺したと主張する。ギャラガー隊長が刺したのは一度で刺し傷の出血は無く、生命を脅かすような傷ではなかっと証言します。少年が命を取り留めてもイラク軍から虐待や拷問を受けないようにしたかったと説明した。検察側はスコット衛生兵は捕虜が息絶える場におり、重大な証人と捉えていた。検察はギャラガー隊長を守るために彼は嘘をついていると主張している。 スコット衛生兵はこの証言により、今後、偽証罪に問われる可能性があり、ギャラガー隊長は殺人での立件は難しくなる。

隊長は嫌われていた

ギャラガー隊長はその振る舞いから以前から隊の中では嫌われていた。 訴状によれば、隊員らは、民間人への銃撃など、隊長の行為に非常に迷惑するあまり銃に細工したり、警告発砲をして民間人を逃がしたりしていたと証言している。

仮に殺人まで犯してはいないとしても、彼の行為は常軌を逸脱しており、厳罰に処せられるべきだろう。しかし、アメリカ国内では彼を英雄視する者も多く、トランプ大統領も支援を表明し、恩赦を与える可能性も言及している。17日から始まった軍法会議は予定では3週間後に公判が決する。

sponser

出典:
https://www.nytimes.com/2019/06/26/us/corey-scott-edward-gallagher-navy-seal.html
https://1010wins.radio.com/articles/ap-news/witness-could-face-perjury-charge-navy-seal-court-martial

アメリカで米海軍特殊部隊ネイビーシールズ(NAVY SEALs)の作戦部隊を率いていたエドワード・ギャラガー(Edward Gallagher)容疑者に対する軍法会議が17日から開かれている。彼の容疑はがイラクにてイスラム過激派組織「イスラム国(ISIS)」の少年兵だった捕虜を殺害した罪に問われている。捕虜の保護はジュネーブ条約で定めらており、ギャラガー隊長の行為は戦争犯罪にあたる。
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG