元グリーンベレー、CIAが作るブラックライフルコーヒー

sponser

梱包されたパッケージにはAK47やハンドガン、アサルトライフルのシルエットがプリントされている。はたから見ると弾丸でも梱包されているかと思ってしまうが、袋の中に入っているのコーヒー豆になる。これらを手掛けるのはアメリカ発の 「BLACK RIFLE COFFEE」。 2015年に設立されたコーヒーブランドである。

BLACK RIFLE COFFEE
https://www.blackriflecoffee.com/
sponser

BLACK RIFLE COFFEE とは

BLACK RIFLE COFFEE
https://www.blackriflecoffee.com/

ブラックコーヒーライフルはアメリカのソルトレイクシティに退役軍人の支援を目的として退役軍人とその支援者により設立されたコーヒーブランドで、社員の60%が退役軍人になる。最高品質のコーヒー豆を提供すべくBLACK RIFLE COFFEEのコーヒーは100%コロンビア豆のExcelsoを使用している。BLACK RIFLE COFFEEという名前は射撃場で見たAR-15ライフルからインスピレーションを得て名付けたとのこと。

AR15
出典 https://en.wikipedia.org/wiki/Colt_AR-15

CEOは元グリーンベレー

BLACK RIFLE COFFEE
https://www.blackriflecoffee.com/

CEOのEVAN HAFER(エヴァン)は元アメリカ陸軍特殊部隊グリーンベレー隊員になり、イラクとアフガニスタンに派遣された経験を持つ。彼は軍役中に銃の扱いかたと合わせて、趣味のコーヒーの焙煎技術を習得。その後コーヒーに情熱を注ぐようになり、10年以上コーヒーの研究を行い、BLACK RIFLE COFFEEを創業した 。

副社長は元CIA

BLACK RIFLE COFFEE
https://www.blackriflecoffee.com/

グリーンベレーの相方ももちろん普通ではない。副社長のMAT BEST(マット)は17歳の時にアメリカ陸軍に入隊。第2レンジャー大隊、第75大隊レンジャーの一員としてイラク、アフガニスタンに計5度の派遣経験がある。軍を離れた後はCIAに5年勤め、海外各地を飛び回る。その後、大学を卒業し、ブランディングやソーシャルメディアのプラットフォームの構築などに携わり、BLACK RIFLE COFFEEのブランド構築にも携わり、現職に就く。

彼ら以外にも多くの立派な軍歴を持った者が従業員と携わっている。

“Coffee, or Die”

“Coffee, or Die” コーヒーか死か」。それがBLACK RIFLE COFFEEのスローガンだ。そんな彼らのプロモーションはとても奇抜。とてもコーヒーブランドとの宣伝とは思えないものばかりだ。

こちらはPR動画だが、コーヒーはほぼ関係の無いホラー動画。

こちらはなんと、自社の商品を弾丸でぶち抜いてしまっている。マシンガン撃ちながらコーヒーなんて飲んでたら振動でこぼれんるんじゃないだろうか?

公式のインスタアカウントはもう、ミリタリー系のアカウントにしか見えない。

一応コーヒーは飲んでますけどね。

日本でもBLACK RIFLE COFFEE は購入可能

BLACK RIFLE COFFEEは2015年の創業以降、毎年700%の成長をしている。エヴァンは2017年のスターバックスの1万人の難民を採用すると発言に対抗し、将来的に1万人の退役軍人を雇用すると発言している。
昨年から日本にも輸入されており、Amazonなどから購入可能。

BLACK RIFLE COFFEE
BLACK RIFLE COFFEE

今年の春には神奈川県横須賀市のデパートにも期間限定でショップオープンしており、今後日本でも展開予定になっている。

元軍人たちが作るコーヒー。ぜひ、ご賞味あれ。

関連記事

[adcode]日本生活習慣病予防協会の調べによると日本成人の約20%が睡眠不足、15%が日中に過剰な眠気を感じるとされています。通勤時間帯、昼食後、夕方などに眠気に襲われる方も多いのではないでしょうか。そんな時、眠気覚ま[…]

米陸軍が開発したコーヒー(カフェイン)を飲むのに適した時間が分かる計算式
sponser
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG