帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット

sponser
帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット

イギリスは中世の頃から世界をリードしてきた。産業革命を経た1800~1900年初頭にかけては世界の覇権を握る超大国となります。その後の二度の世界大戦でも連合軍の主要国として参戦し、苦しみながらも戦勝国となります。今日では常任理事国、NATO軍、米英同盟のもと、世界の紛争に介入するなど重要な役割を担っています。イギリスの近代史は戦争の歴史でもあります。そんなイギリスの近代戦争の歴史を知る博物館がロンドンにあります。帝国戦争博物館 (Imperial War Museum:IWM)です。年間100万人が訪れる人気の観光スポットになり、ロンドン観光の際には是非とも行って欲しい場所です。

sponser

帝国戦争博物館 (Imperial War Museum)

帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット
https://www.visitlondon.com/

最寄駅はロンドン中心のLambeth North駅になり、アクセスも良いので観光ルートには組み込みやすい場所にあります。駅からは徒歩7分の一本道で博物館が見えてくるので迷うことはないでしょう。
建物は1815年に建てられた精神病院を改修したもので歴史を感じます。入り口前には大きな2門の15ポンド艦砲の実物が鎮座しています。

帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット

入ると天井が高い大きなホールがあり、目を引くのは複数の戦闘機やロケットです。イギリス空軍と言えば第二次世界大戦に活躍したスピットファイアですが、もちろん展示されています。

帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット

更に短距離離陸垂直離着機のハリアーも。すでにイギリス空軍の運用は終わっていますが、現在も数か国で運用されています。

IWMは4フロアに分かれており、数多くの展示物があります。

帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット

日本海軍のゼロ戦の残骸も展示されています。これは戦後にイギリス軍が持ち帰ったものらしいです。
他にも広島に落とされた原爆リトルボーイの原寸大のレプリカや日本がイギリスに寄贈した日本刀なども展示されています。

ソ連軍のT-34戦車やナチス・ドイツの鷲(アドラー)のモチーフやイギリス空軍の爆撃機Avro(アブロ)機首部分など第二次世界大戦時の遺品も多数展示されいます。

第一次世界大戦で活躍したイギリスが発明した世界で最初の戦車Mark1も展示されいます。

その他、現代だと国連の装甲車や9.11同時多発テロの世界貿易センタービルの残骸など近代から現代まで戦争の歴史が分かる遺品が数多く展示されています。
私とかは戦闘機や戦車みて興奮してしまうのですが、この博物館にはホロコーストを伝えるエリアがあります。こちらは有料になり、写真撮影も禁止ですが、戦争の悲劇をしっかり学ぶためにも見ておくべきでしょう。

ショップやカフェも併設されているので、見学後は休憩やショッピングもいいでしょう。ショップではオシャレなイギリスミリタリー雑貨が売ってますよ!

入場無料!

入場料なのですが、イギリスの素晴らしいことは博物館などが基本入場無料なのです!かの有名な大英博物館もしかりです。もし、つまらないなと思ったら、直ぐ出てしまっていいんです。だって、無料だから。

住所Lambeth Rd. SE1 6HZ, London
TEL/FAX(020)74165000
アクセス地下鉄Lambeth North駅から徒歩7分
営業時間10:00~18:00
定休日・休業日12月24~26日
公式サイトhttp://www.iwm.org.uk/visits/iwm-london

巡洋艦ベルファスト記念館

IWMからはちょっと離れますが、ロンドン中心を流れるテムズ川には軽巡洋艦ベルファストが係留されており、これは帝国戦争博物館の分館になります。1939年に就役し、第二次世界大戦にも参戦した艦船になります。戦時中は主にヨーロッパ戦線に参戦していました。1971年に退役してIWMに寄贈、陳列されます。こちらは入場がかかります。川沿いから外観を見る分にはタダですが、時間が許すのであれば入場されることをお薦めします。今では見れない三連の艦砲を備えダズル迷彩を施した美しい艦影を望むことができます。観光スポット「ロンドンブリッジ」の近くなので、ついでに立ち寄るにもいいでしょう。

住所The Queen’s Walk, London
アクセス地下鉄London Bridge駅から徒歩7分
営業時間10:00~18:00
定休日・休業日12月24~26日
公式サイトhttps://www.iwm.org.uk/visits/hms-belfast

チャーチル博物館・ 内閣戦時執務室

第二次世界時にイギリス首相を務めたウェストン・チャーチルの博物館になり、こちらもIWMの分館になります。場所は戦時中に内閣戦時執務室として使われた場所になりイギリス政府が戦争遂行の指揮統制のために設けた地下複合施設になります。ウェストミンスターのホワイトホール官庁街のイギリス大蔵省庁舎の地下に設けられ、終戦とともに閉鎖されましたが2005年にチャーチルの生涯について展示する施設としてオープンします。場所はビッグ・ベン、ウェストミンスター寺院が集まる観光エリアの一角にあるので観光で立ち寄るのは問題ないでしょう。こちらも入場はかかります。施設は狭く、そこまで人は入れないので時間帯によっては並ぶことがあります。事前に予約していくとスムーズに入れます。訪れる際は映画『 ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 』を観てから行くと当時を思い描きながら見ることができると思います。

住所Clive Steps, King Charles St, London 
アクセス地下鉄Westminster駅から徒歩5分
営業時間9:30~18:00
定休日・休業日12月24~26日
公式サイトhttps://www.iwm.org.uk/visits/churchill-war-rooms

イギリス、ロンドンの観光といえば、バッキンガム宮殿、ビックベン、ロンドン塔といった歴史的建造物が有名ですが、ミリタリー好きなら観光ルートに取り入れてみてください。どれもロンドン中心地で地下鉄駅からも近いので個人旅行でで行っても迷わないと思いますよ。

sponser

帝国戦争博物館は英国の近代戦争の歴史が分かるロンドン観光のおすすめスポット
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG