最強のソ連戦車映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が日本公開

T-34 レジェンド・オブ・ウォー
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

2019年ロシアで800万人を動員し、40億円の興行成績を達成したロシアNo1のメガヒット作品『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が今年10月25日に日本でも劇場公開されることが決定した。第二次世界大戦で最強を誇ったソ連の戦車T-34を題材にした戦争映画になる。

sponser

砲弾が炸裂する瞬間が見える

T-34中戦車といえば第二次世界大戦で当時最強と言われたドイツ戦車を苦しめたことで有名になり、ソ連を戦車大国へと押し上げた戦車である。この映画はいわば、T-34の活躍を描いた映画だ。4人のソ連兵捕虜がT-34と6発の弾丸のみでナチスに立ち向かう。
この映画の大きな特徴はスリリングな映像と視覚効果にある。この作品のために本物のT-34戦車を数台製造している。リアルな戦車が車両を踏みつぶしドリフトする。パンツアー戦車なども登場する戦車同士の戦闘シーンはリアルであり迫力十分。そして、VFXなど最新の映像技術を使った映像。実はロシアはこの手の映画を得意にしており、侮るなかれ。砲弾がすれ違うさまや、発射から砲弾が炸裂する瞬間をスローモーションで表現するシーンはこの映画の最大の魅力であろう。砲弾が戦車に当たるとどうなるのかが良くわかる。
ロシアではIMAXで上映されたらしいのだが、日本では今のところ、その予定はなさそうだ。IMAXで見てみたい映画だ。

sponser

ストーリー

独ソ戦が始まった1941年。前線へ初めて出るも戦いに敗れ、ドイツ・ナチス軍の捕虜となってしまったロシアの新米士官イヴシュキン。それから3年後、戦車の士官であることがわかると、収容所で行われているナチスの戦車演習のため、ロシアの最強戦車T-34を操縦することを命令される。同じく捕虜になった仲間たちと再び隊を組み、戦車の整備と演習への準備期間が与えられた。しかし、その演習では弾を装備することはできず、ひたすらナチスの戦車から逃げ惑うことしか許されない。命令に背いても、演習に出撃しても必ず死が待っている。しかし、男は仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、あまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。果たして、決死の作戦は成功するのか―!?

公開情報

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』(原題:T-34)

公開日:10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

監督・脚本:アレクセイ・シドロフ 製作:ニキータ・ミハルコフ、ルベン・ディシュディシャン、アントン・ズラトポリスキイほか

出演:アレクサンドル・ペトロフ、イリーナ・スタルシェンバウム、ヴィンツェンツ・キーファー、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ、アントン・ボグダノフほか
2018年/ロシア/カラー/スコープサイズ/ロシア語・ドイツ語/113分
字幕翻訳:櫻田美樹 字幕監修:浪江俊明 配給:ツイン 宣伝:スキップ
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

公式サイト:T-34.JP

sponser
最強と言われたソ連戦車の映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が10月に日本公開
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG