AI兵器の論理原則はどうなっている?

sponser
AI兵器の論理原則のガイドラインはどうなっている?
ターミネーター4

ロボットには「ロボット三原則」というのものがあり、「人間への安全性、命令への服従、自己防衛」があり、ロボットは人間を攻撃しない、人間の命令は絶対にきく、自身に危害が及べば防衛するといったもの。とはいえ、これはSF小説の中での話。多くのロボットは決められたプログラムでしか動けないし、人間が間接的に操縦している。しかし、昨今の人工知能AI技術の発展により、自律行動するロボットの開発が急速に進んでおり、特にAI兵器は各国での競争が激しくなっている。そのような背景もあり、ターミネーターの世界が実現するのではという懸念がありAI兵器の規制について世界で議論が起きている。実際、AI兵器の論理原則はどうなっているのか。

sponser

ターミネーターの危機感

AI兵器の危機感と真っ先に思い浮かべるのが映画『ターミネーター』の世界だと思う。軍用コンピューターとして作られた人工知能「スカイネット」が自我に目覚め、自ら進化していく。それに恐怖を頂いた人間がスカイネットを破壊しようと試みるも自己防衛の設定から人類を脅威と感じ、核ミサイルをロシアに発射して核戦争を誘発し、人類を滅ぼそうとする。その後、残った人類を自律ロボットを使って狩っていくという物語になる。

シリーズ1作目が登場した1984年、界的にヒットした1991年の『ターミネーター2』の時はSF映画のフィクションで、当時、そのような世界を危惧する者は少なかったが、今ではこのストーリーも杞憂ではない話になってきている。

ロシアで進む完全自律型致死性兵器 LAWS

今、AI兵器が一番進んでいるのが実はロシアになる。既にシリア内戦ではAI兵器を導入しているとも噂されている。開発を主導しているのがアサルトライフルAK-47の開発で有名なカラシニコフ。同社は無人戦闘システム「サラートニク」や無人戦闘車両「ウラン9」をといったAI兵器を既に発表している。これらはAIが搭載された自律型兵器になり、AIが自動的にターゲットを捕捉、識別し、発射までの工程を自動を行う。つまり、これらはAIが人の生殺与奪を判断することになる「Lethal Autonomous Weapons System:LAWS=完全自律型致死性兵器」 になる。

プーチン大統領はこれらのAI兵器の部隊を2030年までに創設したいと述べている。

ロシアのAI論理原則

その上で危惧されるのがAI兵器の開発指針になる。ロシアにも人工知能技術の開発と利用のための原則があり、その遵守が義務付けられている。この原則は、人権と自由の保護、安全保障、透明性、技術的主権、イノベーション・サイクルの完全性、合理的な倹約、競争への支援となる。非常に抽象的であり、制限がないとも見て取れる。

アメリカ軍のAI兵器の論理原則

米軍でもAIロボットの戦場投入は検討はしており、開発も進んでいる。今後、AI兵器を開発する上で国民の理解を得るために米軍は2020年2月24日にAI兵器に関する論理原則を定めた。

・AIシステムを導入して使用する際には適切な判断と注意を払うこと
・明確な使用方法を定めること
・自動化されたシステムによってなされる決定は、追跡可能でコントロール可能であること
・ AIの軍事的意思決定にはすべて人間が関与すること

つまり、米軍が開発するAI兵器はロシアのようなAIが攻撃(軍事的意思決定)を判断することはなく、人が行う。その他の行動も意図しない動作を示す場合はシステムを切断または非アクティブ化して人間のコントロール下に置くことを示している。 現時点ではAIが直接攻撃をするというよりは偵察など兵士のサポート的な役割が主になると思われる。

特定通常兵器使用禁止制限条約 (CCW)でも議論

国際的な兵器の規制となるCCWでもAI兵器については何度か議論されており、特にLAWSについては「攻撃の判断には必ず人間を関与させる」という指針を定めようとしたが、2019年8月の議会では過度な規制を嫌ったロシアと米国が反対しており、今のところ国際的な規制はない。ちなみに日本は人間の関与が及ばない完全自律型の致死性兵器の開発を行う意図は有していないという立場を表明している。

米国は独自の原則を発表し、人を関与させることを表明したがロシアや中国が規制しないと結局、LAWSの開発競争に陥ることが予想される。ターミネーターが現実にならないことを祈るばかりだ。

sponser

https://www.dw.com/en/us-military-adopts-ethical-ai-guidelines/a-52517260

AI兵器の論理原則のガイドラインはどうなっている?
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG