AK-47とAK-74の違い

sponser
AK-47とAK-74の違い

AK-47とAK-74。どちらもカラシニコフを代表するアサルトライフルになり、世界中で使われた銃になる。AK-47がAKシリーズの初代となり、AK-74は初代の流れを継いだ二世代目になる。しかし、この両者、外観がそっくりで見分けが難しい。書籍やメディアでもAK-47の説明にAK-74を掲載するなど度々、間違い起こっている。今回はAK-47とAK-74の違いについて説明する。

sponser

外観

一目で分かる外観の違い4点について説明する

ストック(銃床)

ストック

ストックについて、遠目では一見どちらも同じように見えるが、実は微妙に異なっている。AK47のストックは傾斜があるが、AK74は銃本体に対し垂直になる。また、AK74ストックの両側は軽量化のため、カットされたくぼみがある。AK74のストック後ろのバットプレートには固定力を高めるためにAK47とは異なるギザギザの付いたゴムパッドが付いている。

ハンドガード

ハンドガード

AK74のハンドガードには持ちやすいようにリブ(ふくらみ)が追加されている。またレシーバーとハンドガードの接点にあったスチールブロック部分を廃止し、直接レシーバーと接合している。これによりライフルの横軸のガタを抑えている。

東京マルイ No.24 AK47 TYPE-3 7.62×39mm 18歳以上次世代電動ガン

グリップ

AK47のグリップは合板製になるが、AK74は樹脂製になる。AK74のグリップにはチェッカリングという溝が彫られ、持ちやすくなっている。

マガジン

AK47のマガジンは金属製だが、AK74は樹脂製になり、表面の凹凸も無くなり色も異なる。これは間違って、双方のマガジンを使わないようにするために目でも手でも判別できるようになっている。

sponser

AK74のハンドガードとストックは当初、AK47と同じ合板製だったが、後期型ではポリマー樹脂製に代わり今のこげ茶の色になった。AK47は光沢のないマッドな仕上げだが、AK74は全体的にエナメル加工され光沢があるボディになっている。

APS フルメタル&リアルウッド カラシニコフAK74モデル ブローバック電動ガン 18歳以上エアガン

スペック

口径

AK47の口径は7.62x39mm。AK74では口径が小さくなり、5.45x39mmになる。そのため、マガジンの共有はできない。AK74の威力は弱くなったが、反動が少なくなり、直進性や命中精度が向上した。弾丸も軽くなり、兵士の負担も減り、携行数が多くなった。

重量

4.3㎏のAK47、3.3 kgのAK74。AK74はAK47と比べるとだいぶ軽量になる。

その他スペック比較

AK-47 AK-74
1947年設計年1974年
ソビエト連邦原産国ソビエト連邦
ミハイル・カラシニコフ設計者ミハイル・カラシニコフ
7.62x39mm口径5.45x39mm
4.3㎏(マガジン無し)重量3.3㎏(マガジン無し)
870㎜全長943㎜
416㎜銃身長(バレル)415㎜
350m有効射程500m
730m/s初速900m/s
600発発射速度(1分間)650発
30発装弾数30発
2億~生産数500万~

東京マルイ No.24 AK47 TYPE-3 7.62×39mm 18歳以上次世代電動ガン

LCT 電動ガンAK-74 NV NO.02

sponser
sponser
AK-47とAK-74の違い
フォローして最新情報をチェックしよう!