アメリカ海兵隊の装備26選

sponser

機関銃

M240

7.62x51mm NATO弾を使用する機関銃になり、歩兵が携行する他、戦車や装甲車、ヘリなどにも搭載された。

M240B

1991年に陸軍が地上戦用として配備し始めたモデルになり、反動吸収バッファとヒートシールドが追加装備されている。

重機関銃

M2 (ブローニングM2重機関銃

1933年にアメリカ軍に正式採用された空冷式の重機関銃。今でも世界中で生産、配備されているロングセラー機関銃。主にハンビーやヘリなどの車載機関銃や対空用として配備されている。

M2A1

2011年に米軍に採用されたM2のアップグレード版になり、マズルフラッシュとバレルの交換時間が短縮したモデル。

グレネードランチャー

M203A2

M16やM4の銃身下部にオプションパーツとして装着する擲弾発射器になる。40x46mmグレネード弾を発射する。後継としてM320の配備が決定しており、今後は順次切り替えられる予定。

M32A1(ダネルMGL)

南アフリカのアームスコー社が開発した6ラウンドの回転式のグレネードランチャー。警察などでは非殺傷のゴム弾・催涙弾・発煙弾を装填して使用されている。

ICS MGL グレネードランチャー ショート

MK19

1966年に開発された 40×53mmグレネード弾を使用するベルト給弾方式の自動擲弾発射器。米軍に正式採用されるのは1983年になる。対装甲車両として5㎝程度の装甲版を貫通する威力がある。主に車載武器と配備されている。

その他

MARPAT(コンバットユニフォーム)

MARPAT (short for Marine pattern)は海兵隊の戦闘用迷彩服ユーティリティユニフォームになる。迷彩パターンはピクセルカモのウッドランドデザートタイプの2種類がある。

TRU-SPEC トゥルースペック 米海兵隊 (U.S.M.C.) Digital Combat ジャケットMARPAT Woodland Digital 1928

関連記事

[adcode]marine_corps 世界の迷彩パターンの第8弾はデジタル迷彩とも呼ばれるアメリカ海兵隊が採用する迷彩パターンMARPAT(マーパット)について紹介します。 他の世界の迷彩をみる M[…]

MARPAT(マーパット)米軍海兵隊のデジタル迷彩

ACHヘルメット

ACH(Advanced Combat Helmet)はアメリカ陸軍、空軍も採用している進化型戦闘ヘルメットになる。

OneTigris サバゲー用ヘルメット 米軍風レプリカ ヘルメット MICH 2000 NVGマウントレール付き ABS製

関連記事

[adcode]Photo by us marine戦争時はいち早く戦地に降り立ち、最前線で戦う海兵隊員兵士。海兵隊員は、銃や小火器といった装備以外に戦闘で携行すべき重要なアイテムがある。米海軍のオフィシャル刊行誌で紹介さ[…]

海兵隊員が戦場に持っていくマストアイテム20
sponser

出典 https://www.wearethemighty.com/standard-issue-weapons-us-marines

https://www.marines.mil/

sponser
アメリカ海兵隊の武器装備23選
フォローして最新情報をチェックしよう!