メタルストーム(Metal Storm)は毎秒16,000発の恐ろしい電子銃

sponser

「メタルストーム(Metal Storm)」。このオーストラリアの企業 (現DefendTex) が開発した巨大な電子銃です。その名前の通り”鉄の嵐”を浴びせる恐ろしい兵器です。米国が資金を提供して開発したこの銃はガトリングガンやCIWSを超える発射速度を誇ります。

sponser

発射速度は毎秒16,000発

メタルストームは複数のバレルを利用して同時発射することにより、毎秒16,000発の速度で鉛の弾丸の嵐を降らせます。通常のマシンガンで毎分1000発、最速のガトリング砲でも、毎分2,000発から6,000発の銃弾を発射になります。艦艇をミサイルから守るため弾幕の壁を作る船上兵器システムCIWSでさえ毎分4,500発です。
バレル数は36個になり、0.01秒間に180発、1分あたり100万回強の発射速度を実現します。最大1,600バレルまで可能になり、1分間に最大162万発の発射速度、24,000発の発射体の密集した壁を作り出します。メタル・ストームの発射速度がどれだけ桁違いかという事が分かると思います。

メタルストームの特徴

メタルストームが他の銃と異なる点は大きく2つあります。

バレルとマガジンが同一

従来はバレルとマガジンは分かれていますが、メタルストームはそれが同一になっています。つまり火縄銃と同じです。火縄銃はバレルに弾丸を装填して発射します。しかし、火縄銃は一発づつですが、メタルストームは1つのバレルから複数の弾丸を発射することができます。従来の発射機構を排除し、排莢することもありません。

電子発射システム

電子発射システムでは、武器の引き金を引くと電子インパルスが銃弾に直接送らることで、信じられない速さで発火します。これは従来のトリガー、撃鉄のシステムではできません。また電子インパルスにより同時に複数バレルを同時発火させることが可能になります。バレルから順番に発射するこもできますし、複数のバレルから同時に弾を発射することができます。これにより毎秒16,000発という驚異的な発射速度が可能になっています。

メタルストームは広がらなかった

しかし、この圧倒的な発射速度が弾薬と火薬の大きな浪費になる可能性があっため、メタルストームシステムは広がらず、米軍にも採用されませんでした。その後、リストラと破産、2012年に「自主管理」に入りました。現在はDefendTex として、メタルストームで培った技術を応用した兵器の開発を行っています。

MAUL

https://www.defendtex.com/

MAULはメタルストームのコンパクト版になり、M4などのアサルトライフルに装着できるモジュール式の武器で12ゲージの半自動のショットガンになります。発射機構が無いため重量はわずか800gです。MAULは使用者が引き金を引くと同時に5発1ショットで発射することができます。次弾は排莢するカートリッジが無いので2秒程度で迅速に再装填することができます。

3GL

https://www.defendtex.com/

3GLはMAULのグレネード版です。 半自動3ショット40mmグレネードランチャー になります。 従来のランチャーと同じ40mmグレネード弾頭を使用しますが、従来の1発ではなく最大3発の弾頭を装填でき、圧倒的な火力を誇ります。 従来のグレネードランチャーのかさばる機械的動作を排除し、イジェクトするカートリッジケースがないため、リロードは早くて簡単です。

sponser
メタルストーム(Metal Storm)は毎秒16,000発の恐ろしい電子銃
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG