第一次、第二次世界大戦の艦船に施されたダズル迷彩って?

https://twitter.com/GillAJones

海上自衛隊の艦船の色というと、低視認塗装といわれるグレーの統一色。これは自衛隊だけに限ったことではなく、アメリカ軍をはじめ、多くの国の軍用艦船が採用しています。しかし、そんな艦船が迷彩模様を施している時代がありました。それが1910年代の第一次世界大戦から1940年代の第二次世界大戦にかけてになります。

sponser

幾何学模様のようなダズル迷彩

迷彩、いわゆるカモフラージュの目的は、周囲に同化し、カモフラージュすることにより、目立たなくし、敵から発見しにくくするものです。しかし、ダズル迷彩は目的が異なります。ダズル迷彩は幻惑迷彩とも言われ、カモフラージュさせるのではなく、敵を幻惑させるための迷彩です。発見時に目視による距離、艦影、速度、進行速度など分かりにくくさせ、射撃管制を混乱させることが目的です。一見目立ちそうな迷彩ですが、洋上では通常のカモフラージュ効果は望めないとの判断から、考案された迷彩です。しかし、この迷彩もレーダーの発達ともに効果なくし、現在ではダズルというとアートやデザイン手法の一つになっています。

ダズル迷彩の艦船たち

実際にダズル迷彩を施した艦船の写真を紹介します。

イギリス海軍戦艦ラミリーズ。第一次、第二次世界大戦に参戦。砲塔から艦首までダズル迷彩が施されています。

イギリス海軍戦艦リヴェンジ。第一次、第二次世界大戦に参戦。艦によって迷彩模様は違うようです。

アメリカ海軍駆逐艦USS チャールズSスペリー。太平洋戦争に参戦。こちらは直線的な迷彩模様。

日本海軍の船にも施され、こちらは空母瑞鳳の甲板のダズル迷彩。

アメリカ海軍護衛駆逐艦USSスレーター。第二次世界大戦に参戦し、唯一現存する駆逐艦。ニューヨーク州のオールバニにある護衛駆逐艦歴史博物館として停泊しており、内部の見学が可能です。赤いのは消防艇になりこちらもダズル迷彩。

こちらは艦船名が不明ですが、確かにこんな模様だと目が回って幻惑されそう。

数は少なりましたが、アメリカ、北欧諸国の国々など現役の艦船でもダズル迷彩は採用されています。

こちらは戦車にダズル迷彩装備を施したもの。

ガンにも。この場合は幻惑効果というよりもデザインでしょう。

エアガンをダズル迷彩仕様にするのもいいかもしれません。

ガンプラの塗装にもダズル迷彩。モビルスーツには合いそうだし。ミノフスキー粒子が濃い宇宙空間では有効なのでは?

車の外装デザインにする人も多いようだ。 対向車が幻惑されないか不安です。

今ではアートやデザインで多数見かけますが、軍用迷彩が起源だったとは驚きですね。

sponser

いかがでした? 本来の迷彩としての役割は終えた感じはありますが、デザインとして今でも生き続けるダズル迷彩。あなたの身の回りにも取り入れてみたらどうでしょう?

フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG