ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト

sponser
ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト

ドイツ連邦軍は現在、HK MG4軽機関銃の新しいバリアント「MG4A3」をテストしたと公式SNSで発表した。

ドイツ連邦軍装備情報技術・サービス支援局(BAAINBw)は、zweibrücken(ツヴァイブリュッケン)の陸軍第26空挺旅団にMG4軽機関銃の新しいバリアントの射撃テストを依頼した。

ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト

MG4はドイツの銃器メーカー”ヘッケラー&コッホ(H&K)”社が開発製造する5.56mm軽機関銃になり、2003年からドイツ連邦軍の分隊支援火器として採用されている銃になる。

ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト

テストされたMG4軽機関銃の最新改良バージョン「MG4A3」は最新のテクノロジーによって制御が簡単になり、低反動、命中精度を改善。優れた戦闘効率と射程距離、最適な射撃速度、そしてシンプルな操作性により、これまでのMG4とは異なる高い性能を誇る。MG4A3ではこれまでのブラックとは異なり、新しいFDE塗装に加えて、新しい4×30ライフルスコープを採用する。

ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト

射撃テストでは、うつぶせ、膝立ち、スタンディングの射撃姿勢で最大600メートル離れたターゲットに向けて行われた。3週間のテストと7,000回のショットを行い、現在、結果を評価中になる。評価結果を受けて陸軍開発局とヘックラー&コッホ社は来年、兵士に銃器を届けられるように最後の改良を行う予定になる。

sponser

写真出典:ドイツ連邦軍

sponser
ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト
フォローして最新情報をチェックしよう!
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。世界の迷彩