ルパン三世の主要登場キャラたちの愛銃

sponser
https://lupin-3rd-movie.com/

ルパン三世といえばルパンとその仲間の次元大介、石川五ェ門の3人組に、ルパンをいつも掻き回す峰不二子、ルパンの宿命のライバル銭形警部が世界を股にかけて繰り広げられるアクション漫画、アニメになり世界中でファンが多い。敵が多いルパン達には各人それぞれ愛用の武器がある。ルパン、次元、不二子、銭形の愛用の銃について紹介、解説していきたい。

sponser

ルパン‐ワルサーP38

銃に興味がない人でもルパンの愛用銃として有名だ。過去のTVシリーズではタイトルにもなっている。ワルサーP38はドイツのカール・ワルサー社が1937年に開発した9㎜自動式拳銃になる。第二次世界大戦ではルガーP08と共にドイツ軍将校の間で広く使われた。ドイツ軍に正式採用されたのが1938年になるためP38という名が付いている。当時ではまだ珍しいダブルアクション機構の銃になり安全性が高く命中率、故障率の少なさからドイツ、連合軍からの人気も高かった。ルパンがなぜP38を愛用したかの理由は定かではないが祖父である怪盗アルセーヌ・ルパンはフランス人というのが理由かもしれない。第二次大戦後にフランス軍はドイツから大量のP38を鹵獲し、更に生産も指示し、戦後のフランス軍が採用している。ルパン三世の連載は1967年からであり、時代背景からもP38を採用するのは筋が通る。あくまでも仮説だが。

マルゼン ワルサーP38 AC41ブラックモデル 18歳以上ガスブローバック

東京マルイ No.2 ワルサーP38 10歳以上エアーHOPハンドガン

次元大介‐ S&W M19 コンバット・マグナム

銃の使い手である次元は作品によって様々な銃を使うが、愛銃はリボルバー拳銃で有名なスミス&ウェッソン社が1955年に開発したM19コンバット・マグナムになる。その名の通り強力な.357マグナム弾を使用することで有名な銃だ。従来マグナム弾を使用する拳銃はその衝撃に耐えるよう大型化されたが、その分携行するには不向きだった。そこで現場の要望を取り入れて作られたのM19になる。小型、軽量化しながらマグナム弾にも耐える強力なボディを実現している。しかし、その分、反動は大きく連射時の制御が難しい。だが、通常の拳銃向けの弾丸.38スペシャル弾も装填することができ、これを使う分には問題なく、その信頼性の高さから1960年、70年代の警官や特殊部隊にも採用され、日本の海上警備隊も採用していた。リボルバーという事で装弾数は6発と少ないが、次元はむやみやたらに撃つこと無く一発で仕留める男。自動拳銃のような装弾数は必要なく、装弾数が少ないことは支障なかった。

東京マルイ S&W M19 6インチ 18歳以上ガスリボルバー

タナカ S&W M19 4インチ コンバット マグナム ヘビーウェイト 18歳以上ガスリボルバー

峰不二子‐FN ブローニングM1910

峰不二子の愛銃はベルギーのFN社のブローニングM1910になる。これはまさに女性向けの銃といってもいい。全長は151㎜、重量は570gと小型で軽く女性でも扱いやすい(ちなみにP38 は216㎜の945g。M19は241㎜、1021gになる)。さらに服の下から取り出しやすいように引っ掛かりを防ぐために極力突起物を無くしている。撃発機構はハンマーレス、サイトも内部に溝を彫るなど突起物の無いスマートな見た目になる。峰不二子は太ももや胸元、ポーチに銃を隠し持つのでM1910はまさに最適だった。また、3重の安全装置が施されており、暴発の心配もなかった。隠し持ちやすいこともあり、暗殺やスパイにも愛用された銃になり、007ジェームズ・ボンドも使用していた。
不二子はM1910よりもさらに小さく2発しか装填できないデリンジャーも愛用していた。

マルシン M1910 ブローニング 発火式 HW モデルガン 発火仕様 ヘビーウエイト 完成品 新品

銭形警部( 銭形幸一)‐M1911コルトガバメント

アメリカのコルト・ファイヤーアームズ社が1911年に開発した銃の歴史に残る自動拳銃になる。1911年から1985年と長らくの間、米軍の正式拳銃として採用されていたことからその信頼性が伺える。拳銃弾でも強力な.45ACP弾を使用し、アメリカの敵対国を震え上がらせていた。銭形が使っていたのは1927年モデルのM1911A1と言われている。1950年代には米軍から日本の警察にM1911が1万5000挺ほど提供されており、そこで使用した銭形が出向先のインターポールでも引き続き愛用したと考えられる。ちなみに銭形はこの普通の拳銃よりも反動の大きい重を片手で扱ったり、ケーブルを射抜くなどしており、警視庁内でもトップの射撃成績を誇り、次元以上の射撃の腕前を持つのではとされている。
M1911は現在、パテント(著作権)が切れており、複数の銃メーカーからM1911をベースにしたモデルが出ており、今でも最前線で使用されている。

No20 M1911A1 コルトガバメント (18歳以上ガスブローバックガン)

『ルパン三世 THE FIRST』が12月6日から公開

ルパン三世シリーズの最新作『ルパン三世 THE FIRST(ザ・ファースと)』が12月6日(金)より公開される。今作はルパンシリーズ初の3DCG作品になる。

https://lupin-3rd-movie.com/
sponser
ルパン三世の主要登場キャラたちの愛銃
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG