米陸軍は女性兵士のイヤリングと長いポニーテールを許可します

アメリカ陸軍は火曜、軍全体で人種と男女の平等を改善する取り組みの一環の新しい陸軍政策の下、女性兵士に関する身だしなみに関する新しい規定を発表しました。新しい規定では女性が頭を剃ったり、訓練中にヘッドギアをよりフィットさせるための長いポニーテールや三つ編みの許可。そして、口紅とマニキュアの使用、イヤリングの着用を許可します。これらの新しい規約は2月24日に発効する予定です

sponser

長いポニーテール

米軍では人種が多種多様な国家のため、髪の色は自然な髪の色であれば染めること、アフリカ系など黒人の場合は髪質も考慮し、編み込みが認めら、ウイッグなどのカツラもOKにするなど、自衛隊と比べると、ヘアスタイルに関しては割と自由度高いとされます。ただ、長い髪に関しては肩上までにまとめると必要があり、女性兵士は髪をタイトにまとめてお団子ヘアーにしていましたが、これは頭皮にダメージを与える可能性があり、ヘッドギアの着用にも差し支えました。長いポニーテールが許可されたことにより、これらは改善されます。戦闘時はユニフォームの下に紙を納める必要があります。

sponser

坊主もOK

G.I.ジェーン

髪を剃り上げる坊主に関しては女性兵士は髪の長さを1/4インチ(約7mm)以下にしてはいけないという規則があります。映画『G.I.ジェーン』で女優デミ・ムーアが坊主の女性兵士を演じていましたが、これはネイビーシールズの訓練に参加する話であり、陸軍においてもレンジャーなど特殊部隊の訓練に女性兵士が参加する時は頭を剃ります。その際はこの規定から外れていました。今回の改訂により、所属に関わらず女性兵士は坊主にすることができます。

口紅、マニキュアに関しては紫、青、黒や非常に明るい色合いなど、極端な色と見なされない限り、使用することが許可されてます。マニキュアに関しては透明なものであれば男性兵士の使用も許可されます。

イヤリングはこれまでドレスやサービスユニフォームに着用時に許可されていましたが、それ以外では認められていませんでした。改訂により、ゴールド、シルバー、ダイヤモンドに関しては駐屯地での着用が許可されます。しかし、訓練、戦闘行為関連の展開時、その他フィールド環境や通常の衛生環境にアクセスできない場所での着用はまだ許されていません。

関連記事

[adcode] https://en.wikipedia.org/wiki/Women_in_the_military 軍において、規律と任務に支障がでる髪型は禁止されています。それは女性にとっても同じです。男性の場合は[…]

女性兵士のミリタリーヘアカット・ヘアスタイル
sponser

Source
https://www.armytimes.com/news/your-army/2021/01/27/ponytails-and-lipstick-sweeping-changes-to-army-grooming-standards-are-coming/

sponser
米陸軍は女性兵士のイヤリングと長いポニーテールを許可します
フォローして最新情報をチェックしよう!