ウクライナ軍は新しい対物ライフルとしてSnipexを選択する

© 1991-2020 XADO Chemical Group.

XADOグループ傘下のウクライナの銃器メーカー”Snipex”社は、自社で開発する対物・アンチマテリアルライフル、T-Rex(ティーレックス)とAlligator(アリゲーター)が先週末、ウクライナ国防省の試験と評価に合格してウクライナ軍に採用された事を発表した。

© 1991-2020 XADO Chemical Group.

Snipexはウクライナの軍需産業地帯ハリコフに本社を構え、2014年から銃器市場に参入した新興の銃器メーカー。これまで3つのライフルを発表してきたが、どれも対物・アンチマテリアルライフルと少し特異なメーカーだ。

sponser

親ロシア派武装組織に対抗

T-Rex

ウクライナ軍のスナイパーの標準武器は旧ソ連時代の旧式のSVDドラグノフ狙撃銃とされている。7.62mm口径のこの銃は射程800mしかない。今回、採用されたSNIPEX T-RexとALLIGATORは共にそれを大幅に上回る14.5×114mm。バレットM82といった標準的な対物ライフルの口径が12.7×99mmであり、それよりも大きい。その最大有効射程は2000メートルにも上る。この2つの銃を採用したのは現在も続くウクライナ東部紛争の新ロシア派の反政府武装勢力対抗する狙いがあると思われる。
親ロシア派のスナイパーはロシアから提供されている14.5×114mm弾を使うORSIS T-5000といった最新のライフルが提供されており、アウトレンジから狙ってくる敵スナイパーにウクライナ軍は手を焼いていた。T-RexとALLIGATORの配備により、敵と同等の有効射程と火力を持つことなる。

sponser

T-RexとAlligator

ALLIGATOR

T-RexとAlligatorは共に14.5×114mm口径の対物ライフル。性能的にはほぼ同じだがT-Rexは単発型のボルトアクション式、Alligatorは同じボルトアクション式だが、5発装填のマガジン供給型でT-Rexよりも発射スピードに優れている。

関連記事

Photo by XADO Chemical Group各国の軍はより強力で長距離射程を求め、対物ライフル式のスナイパーライフルの開発・採用を進めています。実際、今の世界の長距離射撃の記録上位は対物ライフルによるものです。紛争の真[…]

各国の軍はより強力で長距離射程を求め、対物ライフル式のスナイパーライフルを開発・採用を進めています。結果、今の世界の長距離射撃の記録上位は対物ライフルによるものです。紛争の真っ只中にあるウクライナにおいてもより強力なスナイパーライフルが求められています。そのような背景もあってか、対物ライフルの開発・製造を専門とする新興メーカー”Snipex”社が誕生しています。

sponser
sponser
ウクライナ軍は新しい対物ライフルとしてSnipexを選択する
フォローして最新情報をチェックしよう!