アパッチリボルバーは19世紀にギャングスタが使ったファンキー銃

sponser

この奇妙な形状をしたアパッチ・リボルバーピストル(Apache Pistol)は19世紀のギャングスタと呼ばれるストリートギャングたちの間で流行った銃になる。ポケットの中、手の平サイズに収まる銃はまさに暴力を詰め込んだ銃だ。

sponser

スリーウェイ銃

スリーウェイ。つまり3通りの使い道があるという変わった銃になる。

メリケンサック

youtube.com

まずは小さく折りたたんでポケットに入れておく。ファイトスタイルい入ったら、それを取り出し、メリケンサックのようにリングを指の関節に通し、拳と共に相手の顔やボディに打ち込む。

ナイフ

youtube.com/

さらにダメージを与えたい場合は、バヨネットを回転させてナイフに変えて切りつける。しかし、刃渡りは5㎝程しかない。ソーセージを切ったり刺して食べるのに向いていたかもしれない。

ピストル

youtube.com

メリケンもナイフもダメな時は完全に広げて引き金を引く。ピンファイ7×27㎜弾を6発装填でるが、銃身もなくエイムもないその銃の精度と火力は非常に悪い。至近距離でないと当てることは難しい。しかし、至近距離で当てれば十分致命傷を与えることができる威力はもっていた。

この超ファンキーなオールインワンの銃は、1860年にベルギーでルイドルンによって設計された自衛用の銃になり、1860年から1900年の間に生産されたと推定されている。19世紀のパリのギャングスタの間ではポケットに隠し持てる銃として人気となり、彼らの抗争に使用された。現存する銃の正確な数は知られていないが、ユニークな形状のために銃コレクターの間ではかなりの価値があり、タンスの中に眠っていた銃がオークションに出されては高値で取引された。アパッチリボルバーはその特異な外観と設計から間違いなくアンティークとして価値ある拳銃の一つになる。しかし、銃としての価値はというと性能は大きく劣っており、銃弾を込めて殴ると暴発する危険性もあった。現代でこれをギャングが使っても抗争に打ち勝つことはできない。これが今後使用されることも、改めて製造されることもないだろう。

sponser

https://metro.co.uk/2014/09/04/cant-decide-how-to-be-violent-buy-this-pistol-knife-and-knuckle-duster-4856451/

アパッチリボルバーは19世紀にギャングスタが使ったファンキー銃
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG