イランで女性が忍者くノ一になるために訓練中

https://socialunderground.com/2017/06/iran-lady-ninjas/

最近の国際情勢において、何かと話題の中東の国イラン。ニュースではイラン革命軍がタンカー拿捕など不穏な空気が漂っている。そんなイランでは、ここ数年、女性たちがくノ一忍者になるために日々、修行を積んでいるらしい。まさか、忍者発祥の地、日本を差し置いてくノ一特殊部隊でも作るのか?

sponser

イランでは忍者が人気

https://nypost.com/2017/06/06/meet-irans-kickass-female-ninja-rangers/

忍者といえば侍と並び世界中で知られる日本の歴史を物語る代表的アイコン。忍者漫画『ナルト』のヒットもあり世界的に知らている。その忍者はイランでも勿論知られている。知られてているだけではなく、イランでは忍者の道場まで誕生している。しかも、その歴史は古く1989年になり、今では数万人が忍者の訓練をうけており、その多くが女性になっている。

イランの忍者道場の先駆けとなる道場がテヘラン郊外の砂漠にある。そこには4000人の女性生徒がおり、日々、鍛錬を積んでいる。

https://nypost.com/2017/06/06/meet-irans-kickass-female-ninja-rangers/

道場では女性は様々なアクロバットな動きを学びます。壁を登り、バク転をし、山に隠れ、重力に逆らうジャンプ繰り返す。彼女らは、それを灼熱の砂漠で訓練している。
さらに彼女たちは、鎖鎌、ヌンチャク、刀、手裏剣といった武器の扱いを習得するための高度な訓練を受けている。そして、道場が最も大事にしているのは忍者としての尊敬の念、謙虚さ、心身のバランスと言っている。心と体が同期しないと忍術は習得できない。

sponser

何のために忍者の訓練を?

彼女たちが訓練受けている目的は体得した忍術を武力として行使するのではなく、あくまで武道として武道の精神と肉体的な修行を目的としており、かつ、護身術の一環として訓練している。この件に関して、過去、ロイター通信が女性たちにインタビューを行った際に一人が「国を守るためなら習った技術も使う」などと答えたことを受け、「数千人の女性忍者が暗殺者として訓練されている」と記事を発信し、ロイターの記者ら11人がイラン国内での記者資格を停止させられている。

そして、もう1点がイランの法律的なところが関与している。

女性はスカーフを着用しなくてはならない

イランではイスラムの教えにもとづくより強固なイスラム原理主義を国内に布いており、肌の露出はNGになり、男性でも半ズボンは禁止になる。女性に至っては髪の毛を隠すこと、体の線を出さないことが法律で決まっている。これは外国人女性でも同様になり、破れば犯罪になり、最悪の場合、むち打ちの刑を科されることもある。そのため、女性は髪の毛を隠すためにスカーフの着用が義務付けられている。このスカーフを着用することが忍者装束とか変わらないため、女性でも気兼ねなく打ち込めるという理由でイラン女性の間で広まったといわれている。

そもそも、日本でさえ忍術が体系されていない、習得できない状況で、イランでの忍者の教えがどれほど本当なのか、いささか疑問ではある。日本にもいくつか忍者道場があるので、興味がある人は修行に訪れてみてください。

日本忍者協議会: https://ninja-official.com/ninja-list

sponser

https://nypost.com/2017/06/06/meet-irans-kickass-female-ninja-rangers/
https://socialunderground.com/2017/06/iran-lady-ninjas/

イランで女性が忍者くノ一になるために訓練中
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG