次世代戦闘車(ACV)Lynx KF41(リンクス)はまるでSF映画のような車両

sponser
Lynx KF41

ドイツの防衛・軍需企業ラインメタルが開発・製造する戦闘車両LynxKF41(リンクス)。SF映画に出てきそうな近代的なフォルムの車両は一見、戦車のようにも見えるが、兵員などの運搬も可能な歩兵戦闘車(IFV)になる。

sponser

スペック

2018年に初めて公開されたLynxKF41は高い生存性、多様な環境への適応性を実現した車両になる。凹凸が少ないきれいなラインが特徴の車体デザインはモジュール式の設計になっており、攻撃、防御両面で複数の武器が設置可能になる。今の歩兵戦闘車のほとんどが1990年代に設計されたものになり、 現状の戦闘環境に適していない。特に戦闘員を運ぶ歩兵戦闘車は、速やかな兵員の輸送、被害を受ければ多くの人的被害を出す可能性があり、戦場適応性が重要になる。電子戦、爆破攻撃、ドローン攻撃などに対応するためにも、防御力、機動力、および人員の負荷を軽減する必要がある。戦場の複雑な運用要件を満たすために、歩兵戦闘車は戦場の状況に適応するには環境によって装備が追加変更できるモジュールシステムが必要になる。

多様性

Lynx KF41

モジュールシステムは、共通の駆動モジュールと柔軟なミッションキットシステムを利用して、IFV、装甲兵員輸送車、指揮車両、回収車両、救急車として利用可能な多様車両になる。別の構成へのモジュール変更は、8時間以内で可能になる。ベース車両の共通性を活かしたこのシステムにより、車両のライフサイクル全体のコストを大幅に削減し、状況に応じた車両の変更、車両自体の改修を極力無くした形で新しい機能を手頃な価格でタイムリーに開発したりできるようになる 。

モビリティ

Lynx KF41は、1155馬力(1140hp)のLiebherrディーゼルエンジンと実績のあるRenkトランスミッションを備えた最新世代の推進技術を採用しており最大速度は時速70㎞になる。Lynxは、機動性を損なうことなく、さまざまなミッションキットを搭載できる。基本装備時の重量は約44トンになり、将来的な発展に備えて最大6トンの予備ペイロードを残しながら、26hp/tの高い出力重量比によりクラス最高のモビリティを実現している。

武装

Lynx KF41

Lynx KF41の容量は18トンになり、基本武装は軽量のランス2.0砲塔、35mmの電動Wotan35キャノンを使用し、発射速度は毎分200発になる。上部にはRheinmetall7.62mm機関銃が配備され、7.62×51mmNATO弾薬を発射でき、1分間に800発の最大発射速度を持っている。オプションで対戦車誘導ミサイル発射装置も搭載できる。

Lynx KF41

車内は兵士を輸送できる後部座席も9つある。多目的使用に対応するために、タレットの両側に2つのミッションポットがある。この2つのポットには、ミサイルランチャー、UAV(ドローンコントロールモジュール)、電子戦などの他のパッケージ組み込むことができる。

防御

Lynx KF41

装甲は、対戦車兵器、中口径弾薬、グレネード、爆弾から保護するように設計されアクティブ保護システムにより対戦車ミサイルに対しアクティブに対応することもできる 。モジュール式の生存システムは、弾道および地雷保護パッケージを必要に応じて交換でき、クラスター弾薬に対する屋根の保護など、あらゆる種類の脅威が考慮されている。

既にオーストラリア、チェコ共和国、カタールが採用しており、アメリカ軍もブラットリーに代わる時期IFVとして検討している。

sponser

https://www.rheinmetall-defence.com/en/rheinmetall_defence/systems_and_products/vehicle_systems/armoured_tracked_vehicles/lynx/index.php
https://en.wikipedia.org/wiki/Lynx_(Rheinmetall_armoured_fighting_vehicle)

次世代戦闘車(ACV)Lynx KF41(リンクス)はまるでSF映画のよう
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG