潜水艦が主役のおすすめ潜水艦映画7選

sponser
Black Sea

冷戦舞台にした映画が1990年代に多く公開されましたが、冷戦が終わって既に約30年が経ち、潜水艦が表舞台に出ることも無くなり、潜水艦を題材にした映画は少なり、過去10年では僅か1本しかありません。しかし、2019年に久しぶりの本格的な潜水艦アクション映画が登場しました。 米国防総省と米海軍の全面協力によって製作された『ハンターキラー 潜航せよ』(原題:Hunter Killer)です 。そこで、今回はハンターキラー含めた、お薦めの潜水艦映画8選を紹介します。

sponser

第二次世界大戦が舞台の潜水艦映画

Uボート

U・ボート ディレクターズ・カット(字幕版)

第二次大戦下の1941年に敵商船の攻撃のためにドイツ潜水艦U96が大西洋に出航する。艦には取材のために報道班員のヴェルナー少尉も搭乗した。艦内での索敵や攻撃、敵爆雷の恐怖など潜水艦乗員のリアルな姿を描く。そして最後に待ち受ける非情な運命とは。監督は『トロイ』のウォルフガング・ペーターゼン

原題Das Boot
日本公開1981年
制作国ドイツ ※当時西ドイツ

U571

U-571 [Blu-ray]

第二次大戦下の1942年に1隻のドイツのUボートが大西洋に漂流、救難信号を発する。それを傍受したアメリカ軍は救助を装って偽装した潜水艦S33で、潜水艦を乗っ取りドイツ軍の暗号機「エニグマ」の奪取を試みるも、想定外の事態が。監督は『ターミ・ネーター3』のジョナサン・モストウ。主演は『インターステラー』のマシュー・マコノヒー

原題U571
日本公開2000年
制作国アメリカ
sponser

ローレライ

ローレライ

第二次大戦下の1945年8月。広島に原爆が投下される。二度目の原爆を投下を阻止全てく特別任務を受けた日本海軍潜水艦「伊五〇七」。艦にはナチス・ドイツの開発した特殊音響兵装「ローレライ・システム」とある少女が搭乗していた。しかし、本作戦は原爆の阻止などではではなかった。監督は『シン・ゴジラ』の樋口真嗣。出演は役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇など

原題ローレライ
日本公開2005年
制作国日本

冷戦下が舞台の潜水艦映画

レッド・オクトーバーを終え!

レッド・オクトーバーを追え! (字幕版)

米ソ冷戦下の1984年にソ連の原子力潜水艦レッドオクトーバーが大西洋に向け、出航。目的はアメリカへの亡命だった。追うソ連、亡命の事実を知らないアメリカとの互いの戦略がひしめき合う。監督は『ダイ・ハード3』のジョン・マクティアナン。主演は『ザ・ロック』のショーン・コネリー

原題The Hunt for Red October
日本公開1990年
制作国アメリカ
sponser

クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド (吹替版)

冷戦後の世界。ロシアの騒乱に備え核弾頭を搭載したアメリカ海軍ミサイル原子力潜水艦を舞台に核戦争の危機を巡って艦内は二分され対立しあう男たちと、迫る敵潜水艦の戦闘を描いたアクション・サスペンス。監督は『トップ・ガン』『スパイ・ゲーム』のトニースコット。主演は『イコライザー』のデンゼル・ワシントン

原題Crimson Tide
日本公開1995年
制作国アメリカ

K-19

K-19(字幕版)

米ソ冷戦の1961年下ソ連の原子力潜水艦K-19は処女航海に出航。順調にテストを成功するも突如、原子炉の冷却装置に故障をきたし、メルトダウンも考えらる危機的状況に立ち向かう艦長と搭乗員。最後に下す決断とは。監督は『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー。主演は『インディー・ジョーンズ』のハリソン・フォード

原題K-19: The Widowmaker
日本公開2002年
制作国アメリカ ドイツ イギリス カナダ

現代を舞台にした潜水艦映画

ブラック・シー

ブラック・シー(字幕版)

黒海に沈んだナチスドイツのUボートに眠る金塊を手に入れるべく12人の男たちが挑む。しかし、金塊巡り閉ざされた密室で男たちの醜い争いが勃発する。監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド。主演は『スターリングラード』のジュード・ロー

原題Black Sea
日本公開2015年
制作国アメリカ イギリス
sponser

ハンターキラー 潜航せよ

ハンターキラー 潜航せよ(字幕版)

『ワイルド・スピード』製作陣に米国防総省と米海軍の全面協力によって製作された潜水艦アクション映画。ロシア近海で原潜が姿を消した。ロシア国内では不穏な動きが。第三次世界大戦を防ぐべく、攻撃型原潜ハンターキラーとネイビーシールズがロシアに向かう。主演は 『エンド・オブ・ホワイトハウス』『ザ・アウトロー』のジェームズ・バトラー

原題Hunter Killer
日本公開2019年4月
制作国アメリカ 
sponser

今までの戦争映画は第二世界大戦や冷戦ものが多数を占めています。現代を舞台にした本格的な潜水艦映画は『ハンター・キラー』が初めてではないでしょうか。ハンターキラーを見る前に見た後に潜水艦の進化を感じ取ってみてください。

フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG