FN509|最も小さいタクティカルハンドガン

sponser
FN509|最も小さいタクティカルハンドガン
 ©2020 FN America, LLC.

FN509はベルギーの銃器メーカーFN Herstal(FNハースタル)の米国拠点FN Americaが開発製造するハンドガンになる。先日発売された同シリーズのTactical Compactはタクティカルハンドガンの中で最もコンパクトな銃として評価されている。

sponser

米軍向けに開発された銃

FN509はもともと米軍向けに開発された銃になる。米陸軍の新正式拳銃を決めるXM17モジュラーハンドガンシステムコンペティション(MHS)用に開発され2015年9月にコンペに提出された。結果はSIG SAUERのM17(P320)に敗れ採用に至らなかったが、後にFN509として商用、法執行機関、軍用向けに米国内で発売された。

スペック

MHSの厳しい要件に沿って開発されており、敗れたとはいえ性能は高い。安全装置、様々な手のサイズに合うピストルグリップ、両利きに対応できるアンビシステム、アクセサリーが装着できるピカティニーレール、サプレッサーが装着できること、反動を軽減し命中精度を上げ、女性でも扱いやすい人間工学に基づいたデザインなど様々な要件をクリアするように作られている。

軽量なポリマーフレームで構成された9mmのストライカー式拳銃になる。安全なホールドのためのテキスチャリングと交換可能なバックストラップがついたグリップ。ライトが装着可能なピカティニ・レール採用されている。一部のモデルはFNロープロファイル光学マウントシステムが採用されており、対応するマイクロサイトなど光学機器が装着できる。Tacticalモデルは銃口のコールドハンマー鍛造ネジ式バレルにより、コンペンセイターやサプレッサーが装着できるなど特殊部任務にも対応できる。

カラーはFNに代表されるブラックとフラットダークアース (FDE) の2種類が用意されている。マガジンの装弾数はモデルによって異なるが12~17発になり、大容量の24発マガジンもある。

sponser

FN509シリーズ

FN509には通常モデル以外にいくつかバリアントがある。特に発売されたばかりのTactical Compact(写真上)はタクティカルハンドガンとしては米陸軍が採用したコンパクトモデルのM18よりも小さいサイズにり、現在市場に出てるモデルとしては一番小さいとされている。

FN509

重量:760g
全長:190㎜
銃身:100㎜
装弾数:17発

Tactical

光学機器の装着可能なロープロファイル光学マウントシステムにネジ式バレルによりサイレンサーの装着が可能。

重量:790g
全長:200㎜
銃身:110㎜
装弾数:17発

東京マルイ No.91 FNX-45タクティカル 18歳以上ガスブローバック

Compact MRD

マイクロサイトの装着も可能。Tacticalモデルもある。装弾数は少ないがロングマガジンもある。

重量:720g
全長:177㎜
銃身:94㎜
装弾数:12発

FN Herstal FN509

sponser
sponser
FN509|最も小さいタクティカルハンドガン
フォローして最新情報をチェックしよう!