FMG-9|トランスフォーマーなサブマシンガン

sponser
FMG-9|トランスフォーマーなサブマシンガン
Photo by skittels1

FMG-9はボックス型の形状から突如、サブマシンガン(SMG)に変形する、トランスフォーマーなカッチョよくてナイスな銃だ。アニメ、SF的に見えるが、実際に製造された銃になる。プロトタイプのままで量産はされていないが、その形状から映画やゲームに多数登場するなど人気を誇る銃になる。

sponser

MAGPUL社が開発

FMG-9を開発したのアメリカの銃・アクセサリーメーカーのMAGPUL(マグプル)社になる。同社は世界のスタンダードになりつつあるレールシステムM-LOKを開発するなど、世界の銃市場をリードするメーカーになる。「FMG」は”Folding Machinegun(折畳み機関銃)”の略になり、「9」は”9㎜口径”を指している。

MAGPUL公式サイト

シークレットサービスなど要人警護用に開発

FMG-9は2008年にプロトタイプして開発される。コンシールドキャリー(秘匿携行)できるSMGとしてシークレットサービスや警護職員のために開発された。大統領など警護するシークレットサービスは大勢の人前に出る事が多い。そのような場ではあからさまに銃を出すと一般の人々に余計な恐怖と緊張感を与えてしまうため、銃は目立たないように携行する必要があり、スーツの中に隠せるコンパクトな拳銃を使用する。火力が強いSMGも携行したいところだが、スーツ内に隠すことは難しい。そこでマグプルが開発したのがFMG-9になる。

パケットにも入る大きさ

上の写真がFMG-9が折り畳んだ状態での写真になる。どうだろう?見た目、銃に見えるだろうか?折り畳んだ状態での横のサイズ262㎜しかない。これはiPad(10インチ)とほぼ同じサイズになり、男性の大きめのポケットであれば入る大きさになる。軽量のポリマー素材を使っており、重量は僅か1.1kg。若干だが拡張性もあり、ライトやレザーサイト取り付け可能になっている。

ワンアクションでSMGに変形

ボックス型からSMGに変形するのに、余計な操作はいらない。上部の装置を操作すれば一瞬でボックスからSMGにトランスフォームする。

中身はGlock18

この銃は完全オリジナルという訳ではなく、Glock18をまんまベースにしている。カバーを開ければGlock18が見える。いわば、Glock18に連射時でも制御できるようショルダーストックとグリップがついた形だ。しかし、ハンドガンと侮るなかれ、発射速度は毎分1200発という驚異の連射性能を誇り、最大33発装填できるロングマガジンで十分な弾幕が張れる。

量産はされていない

注目を浴びたFMG-9だが、結局、プロトタイプ終わりで量産はされず、MAGPULのWebページにも情報は一切ない。発表から既に10年以上が経過しており、おそらく生産されることはないだろう。

エアガン版のFPG

ksc-store.jp

実銃での量産はないがエアガンでは量産されている。その名も「FPG」。”Folding Pocket gun(折畳みポケット銃)”の略になる。国内エアガンメーカーのKSCから発売しており、MAGPUL社の正式ライセンス製品になる。しかし、限定品になっており、現在は在庫切れである。再生産することもあるが直ぐにSOLDOUTになるので欲しい人は機会を逃さないように。

sponser
sponser
FMG-9|トランスフォーマーなサブマシンガン
フォローして最新情報をチェックしよう!
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。世界の迷彩