MK556|ドイツ連邦軍の新しいアサルトライフル

sponser
pinterest.jp

ドイツ連邦軍で検討が進められていたG36アサルトライフルに変わる次期主力小銃はヘーネル社のMK556アサルトライフルが採用されることが正式決定した。MK556がどういった銃か調べてみた。

関連記事

[adcode]Photo by C.G. HAENEL GmbHドイツ連邦軍の主力小銃G36アサルトライフルに変わる次期主力小銃として争っていたヘッケラー&コッホ社のHK433とヘーネル社のMK556の一騎打ちは、どうや[…]

ドイツ陸軍はヘーネルMK556を新しい主力小銃として採用することを決定
sponser

概要

MK556はその形状から分かるようにAR-15をベースにしたアサルトライフル。MKはドイツ語の”MaschinenKarabiner(マシンカラビナ―)” を表しており、これは”マシンカービン”という意味で、全長の短いカービン銃ということを示している。556は口径を表し、NATO標準の5.56mm口径ということを示している。また、これはメーカーでの商品名であり、ドイツ軍の採用バージョンでは名前は変わると思われる。

スペック

調整可能なガスセレクターを備えたショートストロークガスピストンを採用。モジュール式の銃になり、バレル(銃身)は状況に合わせ10.5インチ、12.5インチ、14.5インチ、16インチに変更できる。ハンドガードも工具無しで取り外しができ、バレル長に合わせて長さを変更できる。

リアサイトとフロントサイトは折畳み式。ハンドガードの上下、ボックス部分上部にはピカティニーレールが配置されている。ハンドガード部分は取り外しが自由な分、ピカティニーレールM-LOKなどいろいろ選択肢があるようだ。マガジンキャッチやセレクターなどはアンビシステムに対応している。ストックはM4ブーストバットストックを採用し、6段階に調整できる。

全ての気候においてテストしており、対候性においても問題はない。

MK556の民間版である半自動小銃のCR223が出ており、下はその動画だ。

sponser

スペック詳細

口径5.56mm
重量16インチ :3,6kg
14.5インチ:3,5kg
12.5インチ:3,4kg
10.5インチ:3,35kg
全長16インチ: 923mm / 838mm
14.5インチ:883mm / 798mm
12.5インチ:812mm / 748mm
10.5インチ:781mm / 696mm
銃身長(バレル)16インチ:408mm
14.5インチ:368mm
12.5インチ:318mm
10.5インチ:266mm
弾丸5.45×45mmNATO弾
装弾数30発
sponser
sponser
MK556|ドイツ連邦軍の新しいアサルトライフル
フォローして最新情報をチェックしよう!