催涙弾・催涙ガスの成分と対策

sponser

香港のデモのニュースで催涙弾の光景というのは目に新しいと思う。南米ボリビアで起きた政府の抗議デモでも民衆に対して催涙弾が使われた。デモと警察とのやり取りは催涙弾は当たり前の光景になっている。日本でも稀にデモ活動は起きるが暴徒化することもなく、催涙弾が使用されるケースはない。しかし、日本でないからと言って海外ではいつデモに巻き込まわれるか分からない。2018年にはパリのシャンゼリゼ通りでデモが暴徒化するなど、今回の香港同様に観光やビジネスで行って巻き込まれるケースもある。万が一のためにも催涙ガスについての知識や対処法について学んでおこう。

sponser

催涙ガスの成分

pinterest.ca

催涙ガスは化学兵器には分類されるが非致死性になる。 催涙ガスの目的は広範囲は、または特定の空間にいる対象者に対して刺激的な煙をもって行動を妨げ、又は無力化し暴動などを抑えるために使用される。この時、大事なのは無効化させるのはよいが、永続的な損害を与えてはならない。催涙ガスを浴びると目がしびれ、涙、鼻水が止まらず、胸や喉が痛くなり窒息感や吐き気を起こし無力感に襲われる。だが、これらは時間経てば症状は治まる。使用されている成分は主にオレオレジン・カプシカム(OCガス)や、クロロアセトフェノン(CNガス)になる。

OCガス(オレオレジン・カプシカム)

これはいわゆる唐辛子(ペッパー)スプレーになる。文字どおり唐辛子や胡椒など辛味のある香辛料のカプサイシンなどの成分を使った催涙ガスだ。目や粘膜にこのカプサイシンが付着すると激しい痛みにより目は開けられなくなる。唐辛子を触った手で目を擦ってしまった人や激辛料理を食べた悶絶を経験した事がある人はなんとなく想像がつくだろう。ガスというよりは霧状で射出するスプレーになる。護身用として以外にもアメリカの警察では容疑者制圧のために用いることもある。15~60分ほど効果が持続するが後遺症などは無害とされているが、肺に入れば呼吸器官に影響を及ぼすこともあり喘息持ちの人が死亡した事例がある。

CNガス(クロロアセトフェノン)

暴動鎮圧のために用いられている催涙弾では主にクロロアセトフェノンと呼ばれる化学物質を主成分としたCNガスが使われている。このCNガスをは知覚神経末端の刺激を引き起こす。主に眼に作用する成分になりガスを浴びると灼熱感、涙、瞼(まぶた)の炎症に眼の瞼痙攣を引き起こし、高濃度では一時的に失明する場合がある。同じような効果を引き起こすガスとしてクロロベンジリデンマロノニトリルをつかったCSガスがある。CSガスも同様に灼熱感、眼の痙攣などを引き起こすがCNガスの方が毒性が強い。後遺症は全くないとは言えず、角膜の損傷や視力低下などを引き起こす。

また、国によって成分や管理方法も異なり、イランでは血管や神経が損傷したという報告やエジプトやベネズエラでは期限切れの催涙弾が多数使用され、毒性が非常に強かったされている。今回の香港デモで使用された中国製の催涙弾にはダイオキシンが含まれていたともされている。

発射される前は液化ガスになり、催涙弾として放たれると摂氏450度で熱せられ、ガスは煙や霧のように微粒子上で放たれる。 そのため、噴出時のガスは非常に高温になる。

催涙弾を浴びた場合の対処法

これらのガスを防ぐにはゴーグルとガスマスクは必須になる。肌もなるべく晒さない方がいいだろう。しかし、もしガスを浴びてしまった場合はどうしたらいいだろう。

ガスの届かない新鮮な空気がある場所まで避難する

まずすべきことはガスが届かない場所まで避難すること。新鮮な空気を浴び続けることで10~30分程で回復することもある。またガスは空気よりも重いため、高台に避難するとよい。

大量の水で洗い流す

眼が激しい痛みで耐えられない場合は水で洗い流して下さい。この時気を付けて欲しいのは洗い流した水が自分に掛からないようにすること。そして中途半端な水量で洗わないこと。そうしないと逆に水によってガスが更に広がり浸透することになる。大量の水であれば浸透する間も無く洗い流される。

石鹸で洗う

石鹸と水を組み合わせることで、早くガスを除去することができる。

衣服を着替える

衣服にもガスは付着する。特に繊維質の生地は衣服内部にも浸透するので、ガスを浴びた服は脱ぎ捨て清潔な服に着替えること。

催涙弾自体に気を付ける

france24.com

催涙ガスよりも最も気を付けたいのが催涙弾そのものだ。催涙弾は銃弾と同じ速度で25~50gの弾丸が放たれる。大きいものでは250gの物もある。銃のように水平射撃はせずに放物線を描くように放たれる。これがもし、人に直撃したらどうなるであろう。香港のデモでは催涙弾が直撃して失明した女性がいたが、催涙弾で重度の打撲傷や頭蓋骨骨折などは頻繁に起きており、死亡するケースも何件も発生している。

ガスを止める

ガスは催涙弾の中のカートリッジの火薬を燃焼させている。その燃焼を止めることでガスの噴出を止めることができる。またCNガスはアルカリ性水溶液に弱いので無力化することができる。

https://www.youtube.com/watch?v=VAbrQZOcGDo
sponser

https://slate.com/news-and-politics/2019/06/hong-kong-tear-gas-water-bottle.html
https://www.britannica.com/technology/tear-gas#ref286499
https://www.amnesty.org/en/latest/news/2019/10/iraq-gruesome-string-of-fatalities-as-new-tear-gas-grenades-pierce-protesters-skulls/

sponser
フォローして最新情報をチェックしよう!
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。世界の迷彩

CTR IMG