リトアニア軍は自衛隊と同じSFP9を新拳銃として採用します

sponser

ドイツメディアSoldat&Technikによると、 リトアニア国防省はドイツの銃器メーカーHeckler&Kochが開発製造するSFP9を軍の新拳銃として採択しました。SFP9は自衛隊の新拳銃としても採用された銃です。

採用されたのは軍用向けのSFP9-SF(Special Forces)で、通常よりも引き金が軽くなったモデルです。

契約額は約157万ユーロ(約2億円)で、今後6年間に渡って支給される予定です。SFP9は他の5つの製品との競合によって選ばれました。地理的に少なくともオーストリアのグロックは競合に入っていたと考えれられます。選定の理由としては40%が価格、60%が性能とされています。価格に関しては自衛隊が採択した理由の一つでもあり、一丁あたり500~600ドル(7万円)とコストパフォーマンスが良い上、最新の人間工学を取り入れられた高性能拳銃です。

関連記事

[adcode]©Heckler&Koch GmbH SFP9自動拳銃は2019年12月に防衛相によって採用され2020年5月にお披露目された自衛隊の新拳銃。2020年(令和2年)より配備が予定されている。[…]

SFP9|自衛隊の新拳銃

SFP9は昨年、自衛隊の新拳銃として採用され、2020年度より配備予定しいます。軍事組織としてSFP9を採用したのは自衛隊(※実際は軍事組織ではありません)が初で、リトアニア軍は二カ国目です。NATOの加盟国としては初になります。

sponser
sponser
リトアニア軍は自衛隊と同じSFP9を新拳銃として採用します
フォローして最新情報をチェックしよう!