ジョン・ウィックプロデュース、映画『Nobody』

2021年2月26日に全米公開予定のアクションスリラー映画『Nobody(ノーバディ)』(原題)の予告編が公開された。この映画『ジョン・ウィック』のスタッフが制作に関わっており、上のポスターを見てもお分かりと思うが同作品に強く影響を受けており、”ジョン・ウィック”ファンの期待が高い作品だ。

ジョン・ウィックの脚本を描いたデレク・コルスタットが本作の脚本を書き、ジョン・ウィックの 共同監督だったデヴィッド・リーチがプロデュースしている。演じるのはコメディアンで俳優のボブ・オデンカーク。ドラマ『ブレイキング・バッド』などに出演したオデンカークはこれまでほぼアクションには無縁、本作に向けて、2年にわたりトレーニングを行った。

本作は当初、2020年8月に公開を予定していたが、新型コロナにより延期。ユニバーサル・ピクチャー配給のもと、2021年2月26日に全米公開を予定している。だが、新型コロナの状況によってはまた延期はありそうだ。日本公開は未定。

sponser

ストーリー

温厚で礼儀正しいハッチ・マンセル(ボブ・オデンカーク)はある夜、二人の泥棒が彼の郊外の家に押し入った時、彼は家族を守らずに逃げ家族から失望される。この一件が彼のトラウマとなるが、それは眠っていたマンセルの怒りに火をつけ、本能を呼び戻す。ある晩、バスのチンピラを叩きのめす。隣人が同じ2人の強盗に襲われると、マンセルは飛びかかって2人の盗賊を殺し、隣人を助ける。しかし、マンセルと彼の家族は、マンセルに報復すると脅している報復的なロシアの麻薬王の標的にされてしまう。

公式サイト

関連記事

[adcode]TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.シーズン3作目の『ジョン・ウィック:パラベラム』のレンタルが先月開始されたば[…]

ジョンウィック4の公開が1年延期に!マトリックス4も影響不可避
sponser
sponser
ジョン・ウィックプロデュース、映画『Nobody』
フォローして最新情報をチェックしよう!