米軍は配備から半世紀経つTOWミサイルの後継CCMS-Hを計画しています

Photo by Capt. Justin Wright

アメリカ陸軍はBGM-71 TOW(トウ)対戦車ミサイルシステム(AGTM)を少なくとも2倍の距離でターゲットに命中させることができる新しいAGTM「近接戦闘ミサイルシステム(CCMS-H)」に交換することを計画しているといくつかの米メディアが報じています。

sponser

旧式化したTOW

TOWは1970年から配備が始まった発射管式(Tube‐launched)、光学追跡式(Optically‐tracked)、有線誘導式(Wire‐guided)の対戦車ミサイルシステム(AGTM)で、主に軽装甲ユニットや攻撃ヘリに搭載されています。第3世代の戦車装甲を貫く威力を誇り、冷戦時は対ソ連戦車兵器として、自衛隊を始め、西側諸国の多くの国に採用され、現在でも主要AGTMの一つです。

sponser

sponser
米軍は配備から半世紀経つTOWミサイルの後継CCMS-Hを計画しています
フォローして最新情報をチェックしよう!