米海兵隊特殊部隊MARSOC(マーソック)とは?装備は?

sponser

アメリカ海兵隊特殊作戦コマンドMARSOC (United States Marine Corps Forces Special Operations Command )は海兵隊におけるアメリカ特殊作戦軍(SOCOM)管轄下の部隊になり、対テロ作戦や軍事支援を行うスケーラブルで即応性の高い編成、装備、配備を備えた特殊部隊になる。

sponser

成り立ちと歴史

1986年に統合軍の1つであるSOCOMが誕生して以降、海兵隊にもそれに属する特殊部隊創設の検討が行われていたが、既に海兵隊内には1957年に創立された特殊偵察部隊のフォースリーコン(※SOCOM管轄下ではない)があり、それが実現することはなかった。しかし、2001年の9.11以降、テロとの戦いが増加することが予測され、海兵隊にも陸海空軍と同様に特殊作戦をこなす部隊が求められた。当時の国防長官ラムズフェルド長官とペンタゴンのジェームスL.ジョーンズ司令官によってSOCOM内に海兵隊の特殊部隊の創設が決まる。
MARSOC創設前にまずは小さな分隊、海兵隊特殊作戦コマンド第1分遣隊(MCSOCOM Det-1)が設立され、フォースリーコンや他の部隊の精鋭が集められた。当初は海軍特殊部隊ネービーシールズ傘下に入り、共に特殊任務をこなす中で、その能力が認められ、晴れて2006年に海兵隊所属、SOCOM配下の特殊部隊として設立される。これにより、フォースリーコンではできなかったSOCOMの特殊作戦に海兵隊からも参加が可能になった。

関連記事

フォースリーコンとは? https://www.marforres.marines.milアメリカ海兵隊に所属する特殊作戦対応部隊(SOC)の1つであり、正式名称はアメリカ海兵隊武装偵察部隊(United States M[…]

米海兵隊特殊部隊force recon(フォースリコーン)とは?装備は?

構成

MARSOCは現在約2,500人の海兵隊員とクルーで構成されている。MARSOCの基本ユニットは海兵隊特殊作戦チーム(MSOT)で14人の部隊になる。MSOTは3つの要素で構成さる。指揮系統はチームリーダー(キャプテン)、チーフ(マスター軍曹)、オペレーションチーフ(砲兵軍曹)、およびコミュニケーションチーフになる。戦術部隊は2つになり各隊に戦術リーダー(スタッフ軍曹)、3人のクリティカルスキルオペレーターが配置される。そして3つ目が海軍特殊水陸両用偵察隊(SARC)になる。MARSOCは、ノースカロライナ州キャンプルジューンに拠点を置き、3つのコマンドに分かれている。

米海兵隊特殊部隊MARSOC(マーソック)とは?装備は?
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG