オスプレイがチヌークやブラックホークより優れている点

sponser
オスプレイがチヌークやブラックホークより優れている点
出典:防衛省

2020年3月に陸上自衛隊内に自衛隊初のオスプレイ部隊「輸送航空隊」が発足し、5月7日には最初の機体2機が山口県の岩国基地に到着した。新型コロナにより配備が遅れているが今後17機が配備される予定になっている。オスプレイには今のところ武装はされず、主に兵員・物資の輸送、機動力を活かした離島の防衛災害救助の要として運用が開始される。ヘリのような機能を持ちながらヘリと飛行機の良いとこどりといわれるオスプレイ(MV-22 Osprey)だが、どの点がヘリより優れているのだろう。

sponser

倍のスピード

オスプレイは2つの回転翼によりヘリコプターと同じ垂直離着陸、ホバリングが可能になるのだが、ヘリには無い大きな特徴がある。ティルトローター方式と呼ばれる回転翼の角度を変更することができる点だ。回転翼を前方に傾けることで推進力を生み飛行機のようなスピードを得る事ができる。陸自に配備されている多用途ヘリのUH-60JA ブラックホークの最大速度は265㎞/hになるが、オスプレイは倍の520㎞/hになり、これまで半分の時間で目的地に到達することができる。

広い行動範囲

ティルトローター方式によってもたらされた恩恵がもう一つあり、それが航続距離になる。ブラックホークの航続距離は470㎞になり、東京から大阪ぐらいまでの距離だ。大型輸送ヘリCH-47JAチヌーク(写真下)だと1000㎞になり、東京~福岡ぐらいまでの距離なる。オスプレイの航続距離はそれらを優に超える3900㎞(無積載時)になる。例えば小笠原諸島は東京から1000㎞の距離にあり、木更津駐屯地からチヌークを飛ばしても航続距離ギリギリになり、天候によっては辿り付けない。その点、オスプレイの航続距離であれば余裕で辿りつけて往復も可能だ。空港も無い島が多い中で本島から速やかに移動、着陸できる。ちなみに最南端にある沖の鳥島は東京から約1700㎞になり、こちらも行動範囲内になる。

出典:陸上自衛隊

輸送能力

オスプレイがチヌークやブラックホークより優れている点
出典:米海兵隊

自衛隊の輸送ヘリというとタンデムローター式の大型輸送用ヘリコプターCH-47JAチヌークになり、一度に最大55名の兵員を輸送できる。その点、オスプレイは32名だ。それでも他のヘリと比べれば十分な輸送量にはなるがチヌークには劣ってしまう。一度に多くの人と物資を運べることは大きな利点だが、有事の場合を考えると、一度に多くの人と物資を運ぶことと、できるだけ早く人と物資を届ける事のどちらが大事だろうかという話になる。オスプレイとチヌークの輸送範囲に関していうと前述の通りで、スピードに関していうとチヌークの最高速度は267km/hになりオスプレイの半分になる。オスプレイはどのヘリよりも早く目的の場所に到着し、場所を選ばず、人と物資を送り届ける事ができる。

タミヤ イタレリ 1/72 飛行機シリーズ 068 ベル/ボーイング V-22 オスプレイ 39068 プラモデル

変化の激しい現代の戦場においてはスピード、即応性が大事とされる。災害時の人命救助においてもスピードが重要だ。特にこれまで難しかった離島への空から到達が容易になり、離島の防衛、救助にオスプレイの貢献が期待される。

sponser

https://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/osprey/futenma/pdf/mv22_pamphlet.pdf

sponser
オスプレイがヘリコプターより優れている点
フォローして最新情報をチェックしよう!