BARRETT MRAD(Mk22)|米特殊部隊狙撃手用のスナイパーライフル

sponser
BARRETT MRAD(Mk21)|米特殊部隊狙撃手用のスナイパーライフル
BARRETT Facebookより

米国特殊作戦司令部(US SOCOM)は2019年に特殊部隊のスナイパー用にバレット社のボルトアクション式ライフル”MRAD”を総額5000万ドルの契約をし、今後5年でスナイパーライフルをMRAD(MK22 Mod 0)に置き換える予定だ。

sponser

3つのバレルに換装できるマルチライフル

BARRETT MRAD(Mk21)|米特殊部隊狙撃手用のスナイパーライフル
BARRETT Facebookより

MRADは対物ライフルのバレットM82で有名なアメリカの銃メーカーBARRETT(バレット)社が2008年に開発したボルトアクション式のスナイパーライフルになる。2012年にはNRA(全米ライフル協会)のライフルオブザイヤーに選ばれるなど優れた銃になる。
MRADという名前は”Multi-Role Adaptive Design”の略になる。”さまざまな状況に対応できるマルチロールモデル”と意味だ。その特徴がバレルの換装システムになる。SOCOMが新しいスナイパーライフルを調達する上で挙げた要件が「ボルトアクション」「モジュラー形式」そして「マルチ口径」になる。これらの要件に合致するMRADは3種類の弾丸を使用することができる。一つは軽機関銃やマークスマンライフルに使われる7.62×51㎜NATO弾、そして長距離射撃用の.300ラプアマグナム弾(7.62×70㎜)、そして超長距離用の.338ラプアマグナム弾(8.58×71㎜)になる。その最大有効射程は1500m以上になる。バレルの換装は簡単で変換キットを使い、チャンバーとバレルは簡単に分解でき、2分未満で差し替えができる。

米軍特殊部隊でのネーミングは”MK22 Mod 0”になる。基本カラーはコヨーテブラウン。レシーバーは、AR系ライフルのプラットフォームに似ている。ピストルグリップと折り畳み式バットストックはスケルトンで軽量化され、リコイルパッドを備えている。ハンドガードにはM-LOKシステム、上下にはピカティニーレールが施されバイポッドの装着も可能になる。

重量:6.3~6.9㎏
全長:108~125㎝
銃身:51~69㎝

MRAD公式サイト

sponser
sponser
BARRETT MRAD(Mk21)|米特殊部隊狙撃手用のスナイパーライフル
フォローして最新情報をチェックしよう!