英陸軍は新しい特殊部隊「レンジャー連隊」を設立します

英陸軍は新しい特殊部隊レンジャー連隊を設立します
Photo by British army

イギリスメディアはイギリス陸軍が軍の再編計画の一環として、新しい特殊部隊「レンジャー連隊」の創設を計画していると報道しました。

レンジャー連隊の規模は1000人程度で250人程度の兵士からなる大隊、計4個大隊で編成されます。隊員は歩兵全体から優れた者が選ばれ、特別に訓練されます。最初の大隊は2021年末には稼働、2022年初めには4個大隊全てが稼働する予定です。

sponser

レンジャー連隊の役割

英陸軍は新しい特殊部隊レンジャー連隊を設立します
Photo by British army

グリーンベレーがモデル

レンジャー連隊というとアメリカ陸軍の「第75レンジャー連隊」を連想させますが、この連隊がモデルにしているのは米陸軍特殊部隊こと”グリーンベレー”です。連隊の主な任務は国外の紛争地域に赴き、地元軍に訓練を行い、戦闘、偵察、監視といった専門的なノウハウを提供すると共に、必要に応じて任務に同行し、共に戦い、地域の紛争を鎮圧させることです。

SASとSBSの支援

イギリス軍の特殊部隊というと陸軍のSAS(特殊空挺部隊)、海軍海兵隊のSBS(特殊舟艇部隊)がありますが、この2つの部隊が最上位のTier1に分類され、最も重要で難しい特別任務に当たります。今回、設立されるレンジャー連隊はその一つ下、Tier2に分類され、1ランクしたの特殊任務を遂行するとともに、SAS、SBSの作戦遂行の支援も行います。

連隊には電子戦とサイバー作戦の専門家も加わる予定で、現代戦の様々な脅威に対応できる部隊になります。

sponser

Source
https://www.ft.com/content/37611dfc-265e-4654-ac5b-c6fdfda9bedf

sponser
英陸軍は新しい特殊部隊レンジャー連隊を設立します
フォローして最新情報をチェックしよう!