LEUPOLD MARK 5HDが米陸軍の精密狙撃ライフルスコープの承認を取得

sponser
https://www.youtube.com/watch?v=1lnfKRALXds

世界で最も堅牢で軽量、クリアなライフルスコープとドットサイトを提供するLeupold&Stevens,Inc.は、同社のMark5HDライフルスコープが、米陸軍のPrecision Sniper Rifle(PSR)プログラムのデイオプテイック(昼光型)に選ばれたことを発表しました。Mark5HDはオレゴン州ビーバートンにあるLeupoldで設計から組み立てまで行われています。

sponser

Mark5HDスコープ

SOCOM(特殊作戦司令部)の新しいプラットフォームに選択された U.S.Army Mark5HD5-25×56スコープはフラットダークアースコーティングと陸軍が特許取得したMil-Gridレチクルを備えています。

MK22 Mod 0

LEUPOLD MARK 5HDが米陸軍の精密狙撃ライフルスコープの承認を取得

搭載されるPSRは、米陸軍では”MK22 Mod 0”と呼ばれ、7.62×51㎜NATO弾.300ラプアマグナム弾.338ラプアマグナム弾の3つにチャンバー化されたBarrett MRADボルトアクションマルチロールライフルがベースになります。

関連記事

[adcode] BARRETT Facebookより 米国特殊作戦司令部(US SOCOM)は2019年に特殊部隊のスナイパー用にバレット社のボルトアクション式ライフル”MRAD”を総額5000万ドルの契約をし、今後5年[…]

BARRETT MRAD(Mk21)|米特殊部隊狙撃手用のスナイパーライフル

Leupold&Stevens,Inc.の軍事営業部長Sam Horstmanは「Mark5HDは、他のすべての光学部品と同様に、徹底的に耐久性をテストされており、軍が要求する非常に高い基準を完全に満たしています。兵士は光学機器を必要しており、その期待に応えるように構築されたソリューションを提供できることを嬉しく思います。」と語っています。

Mark5HDは、長距離シューティングの精度、精度、光学性能を再定義するために開発されています。7-35×56、5-25×56、および3.6-18×44の3つのモデルは、ミリラジアン構成とMOA構成の両方で使用できます。同クラス内の他のスコープよりも最大500g軽量です。1つ後ろに下がってみると、優れたエッジツーエッジの鮮明さから極端な低照度のパフォーマンスまで、違いがわかります。3回転の高さ調整により、Mark5HDは最新の長距離ライフルと弾丸の性能を最大限に引き出すことができます。

Leupold(レオポルド) とは

Leupoldは、米国全土の米軍、法執行機関、政府機関、そして米国の最も緊密な同盟国の多くの軍隊にその光学機器を提供しています。アメリカの光学機器会社の中で、レオポルドほど米軍との契約を結んだ会社はありません。

LEUPOLD HAMR タイプ スコープ with DeltaPoint タイプ ドットサイト

sponser

https://www.leupold.com/leupold-core/core-insider/news/leupold-mark-5hd-selected-by-army-precision-sniper-rifle-program

LEUPOLD MARK 5HDが米陸軍の精密狙撃ライフルスコープの承認を取得
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG