MH-139グレイウルフ|米空軍のUH-1N ヒューイに代わる新しい軍用ヘリ

sponser
MH-139グレイウルフ|米空軍のUH-1N ヒューイに代わる新しいヘリ
boeing.com/defense/mh-139a/

アメリカ空軍はボーイング社の新しい軍用ヘリコプター「MH-139」の受け取りを開始したと発表した。これまで使用されてきた「UH-1N Twin Huey(ツインヒューイ)」ヘリコプターは運用開始から50年近く経つ古いタイプになり、随時入れ替わる。

新しいヘリコプターには「Grey Wolf(グレイウルフ)」というニックネームが付けられた。北アメリカの北部に生息する狼に由来し、その名の通り灰色狼の毛色のようなカラーリングになる。この名前について空軍のグローバルストライク司令官ティモシー・レイ将軍 は「多くの人々の心に恐怖を与える」と12月19日にデュークフィールド基地で開かれた命名式典で述べた。「彼らは群れとして狩りを行い、一体となって攻撃し、多くの力をもたらす。」と彼は続け「それこそまさに、核セキュリティミッションに取り組むために必要な方法です。」と述べた。

MH-139グレイウルフ|米空軍のUH-1N ヒューイに代わる新しいヘリ
boeing.com/defense/mh-139a/

グレイウルフはロッキードマーティンのUH-60ブラックホークヘリコプターとの競争に打ち勝ち、今のところアメリカ空軍でのみ使用される機体になる。米空軍は既に84機の購入を決定している。

sponser

性能・スペックなど

MH-139グレイウルフ|米空軍のUH-1N ヒューイに代わる新しいヘリ
boeing.com/defense/mh-139a/

MH-139Aグレイウルフは、実績のあるイタリアのレオナルド社の商用ヘリコプター「AW139」をベースにしたマルチミッションヘリコプターになる。主な用途はワイオミング、モンタナ、ノースダコタ、コロラド、ネブラスカにある空軍の大陸間弾道ミサイル基地の防衛になる。その他、米国政府職員と治安部隊を速やかに輸送するために設計されている。

最先端のアビオニクスシステムと高度なフライトデッキ機能を備え捜索・救助活動など、さまざまな軍事タスクをこなすこともでき、速度、航続距離、耐久性、積載量、および生存分能力の分野でUH-1Nヒューイの能力のギャップを埋める。

UH-1Nヒューイ からの主な改善点

・今までより50%速く、50%遠くまで飛び、30%大きいキャビンを持ち、これまでのプラットフォームよりも5,000ポンド(2200kg)多く荷物を持って離陸するができる。
・完全な自動操縦機能を導入。高度なフライトデッキ機能と改善された状況認識を備えた最新のアビオニクスシステムにより、パイロットと乗務員の作業負荷が軽減される。
・運用コストの削減、信頼性と保守性を向上させ、航空機全体のライフサイクルの改善は空軍にとって10億ドル以上の節約になる。

sponser

https://www.af.mil/News/Article-Display/Article/2044867/air-force-names-newest-helicopter-grey-wolf/
https://www.boeing.com/defense/mh-139a/

MH-139グレイウルフ|米空軍のUH-1N ヒューイに代わる新しいヘリ
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG