大統領専用機エアフォースワンはマッハ5の音速飛行機になります

sponser

戦闘機、ミサイルの超音速領域の開発競争が激しくなってるが、それはとうとう大統領専用機に及ぶ。アメリカ空軍は米大統領専用機であるエアフォースワンに超音速機Hermeus(ヘルメウス)を検討している。

sponser

コンコルドを超える速度

かつて、イギリスとフランスが共同開発した超音速のコンコルド(写真上)という旅客機があった。コスト高と墜落事故があり、2003年には全て退役したが、マッハ2.2の速度で飛行し通常約8時間かかるニューヨーク~パリ間を3時間45分で飛んだ。新しい大統領専用機はその速度を大幅に超えることを計画している。
音速旅客機を開発するアメリカのスタートアップHermeus(ヘルメウス)は、マッハ5で飛行できる大統領飛行機を開発するという契約を米空軍から150万ドルで獲得した。この極超音速機は9~19人乗り、時速3300マイル(時速約5300km)以上の速度で最大4600マイル(約7400km)を飛行し、ニューヨークからパリまでわずか90分で飛行する。忙しい大統領にとってはうってつけの航空機になる。

エアフォースワンは今のボーイング747-200B(写真上)をベースにした機体から来年2021年にボーイング747-8をベースにした新しい専用機に更新される。その後、暫くはこの機体が使用されるので直ぐには導入されることはないが、順調に開発がすすめば最終的には極超音速機のヘルメウスに置き換えらる。大統領専用機は単純な旅客機ではないため、空軍独自の通信インフラや各種インターフェースの要件に早期統合できるよう開発をしていく。ヘルメウスは今後5年間でデモ機を、約10年間で民間旅客機を製造することを予定している。この機体が運用されれば世界に毎年2兆ドルの経済成長を促す可能性があるとうたっている。

HERMUS

関連記事

[adcode]米国大統領は世界で最も権威があり、最も命を狙われている元首といってもよい。そのため、移動時は細心の安全対策を行っている。米国大統領が使用する乗物は世界で一番安全といってもよく、あらゆる手段の大統領専用機・車[…]

アメリカ大統領専用機・車はいくつある?
sponser

https://www.hermeus.com/aug-06-2020

sponser
大統領専用機エアフォースワンはマッハ5の音速飛行機になります
フォローして最新情報をチェックしよう!