スペツナズの射撃訓練がやばい!

sponser

射撃訓練というと、的に向かって撃ったり、人間を模した鉄板やマネキンなどを撃ったりするものだ。実戦で撃つ相手は生身の人間だが、例え防弾ベストを着用していても訓練の段階で人間相手に射撃訓練を行う事は一歩間違えれば死傷者を出すことにもなり、人間に向かって射撃訓練することは軍や特殊部隊であっても絶対しない。そう、一部の部隊を除いては。

sponser

狂気の射撃訓練

スペツナズと呼ばれるロシアの特殊部隊は米軍のネイビーシールズや英軍のSASに匹敵する力を持つ部隊になる。そんな彼らの射撃訓練はそんな西側の特殊部隊も驚愕する内容だ。

顔の横に置いた風船を射止めたり、しまいには暗闇の中でも行っている。ナイトビジョンを付けているとはいえ、撃たれる側は何にも見えないので相当な恐怖だろう。顔の直ぐ横だから一歩間違えれば即死だ。防弾ベストを着たボディにも撃ち込んでいるが、撃たれる側も相当な衝撃があるはず。というか撃つ方も怖いが、撃たれる役の方が何万倍も怖いだろう。他にも互いにボディを撃ち合うなど正に狂気の沙汰だ。この状況で冷静に射撃できるのだからスペツナズの凄さ冷酷さが分かる。

重くて反動の大きいPK機関銃をアサルトライフルの如く扱うこちらの射撃訓練もやばい。

関連記事

[adcode]ボディーアーマーなどを開発するロシアのRAIDGEAR社が新製品のプレートキャリアの防弾性能をテストしたPR動画を公開した。動画の冒頭では4人の男たちが立っている。彼らはロシア連邦保安庁(FSB)に[…]

特殊部隊スペツナズのプレートキャリアの実弾テストが見ていてハラハラする
sponser
sponser
スペツナズの射撃訓練がやばい!
フォローして最新情報をチェックしよう!