フォーガットン・アーミー|インド独立の為に戦った忘れられた兵士

sponser

Amazonプライム、Netflixで2020年1月から配信されている戦争ドラマ『フォーガットン・アーミー(原題:The forgotten army)』。第二次世界大戦時、インド独立のために戦ったインド国民軍を描いたインド発の戦争ドラマになる。

太平洋戦争と西部戦線の陰で、当時イギリスに支配されていたインドの自由を勝ち取るために勇敢に戦った男女の兵士たち。後のインド独立への契機をつくりながら、戦後は反逆者として扱われ歴史から忘れられたインド国民軍の戦いを兵士の実話に基づいて5話のドラマで制作されている。インドの映画やドラマといえば歌と踊りのイメージが強いが、今作は一切ない真面目な戦争ドラマになる。

フォーガットン・アーミー (字幕版)

ストーリー   : 3.5
戦闘・アクション: 2.5

sponser

ストーリー

フォーガットン・アーミー (字幕版)

寡黙な老人ソディはインドから姉ウラミルとその息子スバーシュ、スバーシュの息子アマールに会いにかつて住んでいたシンガポールを訪れる。ソディはシンガポールの街並みを見て、自分がいた頃の当時(1942年)を思い出しアマールに語りだす。
ソディは英領インド軍の士官としてシンガポールに駐屯していた。日本軍のマレー作戦が始まりシンガポールまで日本軍が迫っていた。シンガポールには日本軍の二倍の兵力がおり難攻不落の要塞といわれイギリス兵たちは油断していた。ソディたちインド兵士は勇敢に戦うも指揮する英軍は降伏しシンガポールは日本軍に占領される。インド人兵士も降伏することになる。英兵は捕虜として扱われたが、インド兵は違っていた。日本軍はインド兵にインド独立を唱え共に戦おうとインド国民軍を結成する。ソディは祖父の代から兵士としてイギリスに忠誠を使っており、参加に難色を示していたが指揮官であるネタジの演説を聞き5万のインド人と共に国民軍に志願しインド独立の為に戦う決意する。そこには男性だけではなく女性もおり、写真家のマヤは自由を掴むために女性部隊に入隊する。訓練を終えたソディとマヤはインドのデリーを目指して、日本軍と共にインパール作戦に参加、ビルマ(ミャンマー)に進軍する。

報道カメラマンを目指すアマールはミャンマーの学生運動を取材すべく、ミャンマー行きを計画していたが、親の反対を受けていた。しかし、ソディが一緒に行くという事なり、アマールとソディはヤンゴンに向かう。そこでソディはかつての戦場と同じ道を歩むことになり、過酷な戦場、死んでいった仲間たち、そして恋仲であったマヤを思い出す。

日本軍がインド独立のきっかけを作った!?

海外のドラマや映画で描かれる第二次世界大戦の日本兵はたいてい悪役が多い。今作でも日本兵が捕虜のイギリス兵を日本刀で斬首したり、占領地の英語を禁止し、日本文化を強制するといった様子が描かれている。だが、今作は「日本軍=悪」の一辺倒の作品ではない。そして、当時、日本が進めていたアジアを欧米列強の脱植民地を目指す大東亜政索も描かれており、インド兵を捕虜とせずにインド独立のために軍団化して武器提供や訓練などに協力し、日本軍と共に歩む姿も描かれている。当時の日本軍としては対イギリスの戦力と利用する側面もあったであろうが、少なからずインド独立のきっかけを日本軍が与えた構図が描かれている。インドを植民地とし、インド人を卑下していたイギリス軍も悪として描かれている点も興味深い。

ただ、日本人の描き方が海外作品でありがちなステレオタイプの日本人だ。日本語のセリフもたどたどしいし、シンガポールの市内を行進する日本軍もおかしい。ただ、マレー作戦の司令官である山下奉文陸軍中将役の俳優の外見は史実に沿っていた。

フォーガットン・アーミー (字幕版)

戦闘シーン

戦闘シーンに関しては1話目がクライマックスかもしれない。マレー作戦でシンガポールに進軍する日本軍が描かれるのだが、マレー作戦では有名な銀輪部隊(自転車部隊)が描かれている。その部隊が進軍して来るシーンがゴム園農場という、決して路面状況が良いとはいえない場所から自転車で疾走してくるのだ。農場から攻め込まれると思っていなかった英軍はクリケットに興じており虚を突かれる形になる。迫撃砲などの爆発シーンはリアルに描かれており、手足が飛び散るシーンは多い。
インド国民軍が使用する小銃は日本軍の装備ではなく、基本的には英軍のを引き継いでおり小銃はエンフィールド銃になる。主人公のソディが終盤に持つ軽機関銃もイギリスのブレン軽機関銃になる。

終盤に描かれるインパール作戦は知っている人も多いと思うが、兵站を無視した無謀な行軍を行った『史上最悪の作戦』といわれている。インド国民軍も日本軍と同じ命運を辿ることになる。

sponser
フォーガットン・アーミー|インド独立の為に戦った忘れられた軍団
フォローして最新情報をチェックしよう!
sponser
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。

CTR IMG