米軍の次世代火器NGSWに採用される6.8mm弾とは

sponser
True Velocity

米軍は長らく5.56㎜弾と呼ばれる「5.56x45mm NATO弾」、7.62㎜弾と呼ばれる「7.62x51mm NATO弾」を標準弾丸として使ってきた。前者は主に小銃、後者は軽機関銃やマークスマンライフルに使われきた。米軍はこの標準弾丸に新しく6.8㎜弾を追加することを決定している。

sponser

True Velocity社の弾丸

次世代分隊火器”Next Generation Squad Weapon”(NGSW)は現在の主力小銃であるM4と軽機関銃のM249の更新を予定するもので、小銃タイプのNGSW-R、分隊支援火器タイプのNGSW-ARの二つのがタイプが開発されている。分隊火器についてはSIG Sauer、General Dynamics、Textronの3社に絞られ、2022年に選定される予定だ。
これに合わせて弾丸の更新が決定しており5.56㎜、7.62㎜弾でもない新しい6.8㎜弾を採用する。弾丸を製造する会社は一足先にTrue Velocity社に決定。General Dynamics Ordnance and Tactical Systems、Beretta Defense Technologiesと提携し、NGSWの新しい弾丸を開発した。

関連記事

[adcode]M4A1とM249といえば、長らくアメリカ軍の主力小銃と分隊支援火器として活躍してきた銃で世界中の軍隊でも採用される優れた銃だ。しかし、採用から既に25年以上が経過しており、現在、アメリカ陸軍ではこれらのリ[…]

SIG SAUERとTextronの2社がM4とM249の後継モデルの情報を公開
関連記事

[adcode] https://www.thefirearmblog.com/アメリカ陸軍が現在選定を進めている次世代分隊火器”Next Generation Squad Weapon”(NGSW)。M4アサルトライフル[…]

米陸軍の次世代分隊火器(NGSW)をGeneral Dynamicsが公開
sponser

6.8mm弾の優れた点

6.8㎜弾は口径が大きくなった分、有効範囲と銃口のエネルギーの大幅な増加により威力が向上している。弾丸が大きくなれば重量は増加しそうだが、従来の銅と亜鉛の合金の真鍮製とは違う新しい素材を使い、重量は30%削減しており兵站上、大きな利点をもたらす。かつ、耐久性は向上し、薬莢は100%再生利用可能と地球にも優しい。NGSWとの融合により、長距離の致死性、短い反跳衝撃、大幅な弾道の改善、運用効率の向上を実現する。

次世代分隊兵器の配備計画は2022年の第1四半期に企業とモデルを選定、2023年の第1四半期からM4A1とM249との交換を開始する予定になっている。

sponser

https://www.tvammo.com/
https://www.tactical-life.com/news/true-velocity-6-8mm-ammo/

sponser
米軍の次世代火器NGSWに採用される6.8mm弾とは
フォローして最新情報をチェックしよう!