残りの弾薬は?この場所を砲撃してくれ! 緊迫度200%の戦場を捉えた本編映像解禁

sponser
残りの弾薬は?この場所を砲撃してくれ! 緊迫度200%の戦場を捉えた本編映像解禁

本日6月19日、待望の日本公開を迎える『デンジャー・クロース 極限着弾』より、本作のタイトルとなっている極限の選択「デンジャー・クロース」要請シーンの本編映像が解禁となった。

司令部基地に迫撃砲による襲撃を受け、発射地点を探るため偵察に向かったオーストラリア軍D中隊所属の第11小隊は、森林地帯で待ち伏せていた敵軍から猛烈な攻撃を受ける。基地からの砲撃で一度は敵を退けたものの、当初の想定をはるかに上回る敵兵に囲まれて身動きが取れなくなってしまう。

108人 vs. 2,000人! 今回解禁された映像は、森の中から大勢のベトナム解放民族戦線の兵士たちが現れるシーンからはじまる。生き残った11小隊の兵士たちは地面に身を伏せてその光景を見つめるが、増援は期待できない。敵兵に囲まれて絶体絶命の状況下、ボブ・ビュイック軍曹(ルーク・ブレイシー)の「残りの弾薬は?」の問いには、「へスルウッド なし」「マグヌセン 1発」「エグリントン 10発」「メラー 残り1発」と絶望的な返答が返ってくる。意を決した軍曹は「もうダメだ」と叫ぶ通信兵から受話器を奪い、「3-4、4-2だ クギ付けで弾薬もわずかだ この場所を砲撃せよ」と“極限”のミッションを要請する。通信を受けたD中隊本部では、ハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメル)が驚愕の表情を見せる。軍曹からの要請はすなわち味方にも被害を及ぼしかねない超至近距離への着弾<デンジャー・クロース>を意味しているのだ。「囲まれて攻め込まれる この場所を砲撃してくれ」の言葉にモーリー・スタンリー大尉(アーロン・グレナン)が「こちら3-4 それはできない」と返すが、「砲撃しないと我々は全滅する! 状況がわかったか?」とビュイック軍曹も一歩も引かない。

決死の砲撃要請に呆然とする司令部。「ムリです」の声が上がる中、オリバー・デビット・ジャクソン准将(リチャード・ロクスバーグ)は「指揮するのは少佐だ 任せよう」とスミス少佐に判断を委ねる。葛藤の末に前線の要請に応じることを決意したスミス少佐は、「責任は誰が?」の問いに、「私が取る 砲撃を要請」と作戦を決行する。味方兵を全滅に追い込む可能性がある危険なミッション。覚悟の砲撃は、仲間を救う奇跡を呼ぶことができるのか、それとも敵兵とともに仲間の命を奪ってしまうのか――?! 運命の着弾の瞬間は、ぜひ本編で見届けていただきたい。

オーストラリア映画界が総力を結集して放つ、臨場感満載、緊迫度200%の本格戦争映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は、本日6月19日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!

(c) 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA 

sponser
sponser
残りの弾薬は?この場所を砲撃してくれ! 緊迫度200%の戦場を捉えた本編映像解禁
フォローして最新情報をチェックしよう!
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。世界の迷彩